1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. 餃子作りにマスト!愛用のフライパン「ウー・ウェンパン」とは?〜徳成祐衣の果てしなくギョーザな日々〜

餃子作りにマスト!愛用のフライパン「ウー・ウェンパン」とは?〜徳成祐衣の果てしなくギョーザな日々〜

  • 2021.10.13
  • 3570 views

〈クックパッド〉広報の徳成祐衣さんが、愛してやまない餃子の絶品おうちレシピやとっておきのお店を紹介する連載。第28回は、餃子作りに欠かせない鍋について紹介します。

今回は餃子に欠かせない鍋の話。家族構成や手の形、キッチンの大きさで、どのような鍋がいいかは人それぞれだと思いますが、私の料理に欠かせない鍋を今回はどうしてもご紹介したい。だって、焼く・炒める・揚げる・蒸す・茹でる…全部ができちゃう優れものだから!

その名は「ウー・ウェンパン」。以前、餃子作りを教えていただいたこともある料理研究家ウー・ウェン先生のお鍋です。テレビ番組『キユーピー3分クッキング』のディレクター、プロデューサーを20年余り担当されていた方のご自宅で使わせていただいたのが初めての出会い。その後、結婚の際に知人からプレゼントしていただき、以来毎日、いや、毎食といってもいいくらい使っています。ウー先生もご自宅で使われていました。たっぷりの水で水餃子を茹でるのにもぴったり。

なんてったってとにかく軽い。そして、しっかりとしたテフロン加工。おかげで焼き餃子は揺すれるし、らくらくひっくり返せるし失敗知らず。ちょっとした焦げもすぐ洗い流せちゃう。いま振り返ってみれば、この連載で紹介してきた餃子のほぼ全てをこのお鍋で作っている気がしてきました。

個人的には蒸し物に対して勝手に抱えていたハードルがものすごく低くなったのも、今回紹介したくなった理由。蒸し料理って蒸し器が基本的には必要だけど、そんなに頻繁に使わないのに収納には困るし、一度やってしまえば何も難しいことはないのになんだか気合が必要でした。ウー・ウェンパンには、蒸す際のプレートが付いていて、フタにも上記を調節できる機能があるので、フライパン部分に水を張ってプレートに食材を乗せ、フタをすれば簡単に蒸し料理を作ることができます。肉まんやシュウマイ、蒸し野菜、茶碗蒸しも。色々と挑戦してきましたが失敗したことがありません。本当におすすめ!

SNSを見ていると、料理家さんやフードライターさんなども使っている様子。中にはリピートしている方まで。私もきっとリピート買いするだろうな…。

元記事で読む
の記事をもっとみる