1. トップ
  2. ファッション
  3. 【ロレックス他】CLASSY.ライターが手に入れた一生ものジュエリーと時計

【ロレックス他】CLASSY.ライターが手に入れた一生ものジュエリーと時計

  • 2021.10.12
  • 12485 views

頑張った自分へのご褒美に、次のステージに向かうために…人生の節目に少しずつ集めたい、一生をともに歩むためのジュエリー。チームCLASSY.のストーリーが詰まったジュエリーをお届けします。

ヴァンクリーフ&アーペルのネックレス

CLASSY.ライター/棚田トモコさん
「幸せになれるお守り」は一生もの

ヴァン クリーフ&アーペル
「スイートアルハンブラ」
「ヴィンテージアルハンブラ」
「スイートアルハンブラは07年に発売されたときに一目惚れをして購入しました。ヴィンテージアルハンブラは09年に両親と行ったシンガポール旅行の記念に購入したもの。シンガポールとヴァンクリは全然関係ありませんが、ヴァンクリには“幸せになれるお守り”的なメッセージがあると思っているので、海外に行くと都市を問わずブティックをのぞいています。訪れた先や新作が出るたびにチェックするメゾンなので、『またこんな楽しい旅がしたいな』とか、『何歳くらいになったらあの国であれを買おうかな』みたいに、旅×ジュエリーのお買い物計画を立てては、ワクワクしています」

ロレックスの時計

CLASSY.ライター/宮沢裕貴子さん
ずっと探していて、誕生日に清水買い!

ROLEX デイトナ
「ずっとイエローゴールドのデイトナに憧れていて、いつか絶対手に入れる!と決めていました。1年くらいかけてずっとこのモデルを探し続け、6年前の誕生日直前にやっと見つけて当日に購入できた、思い入れも深い時計です。誕生日に念願の大物買い(当時320万円くらい!)をすることで気分は最高、運気も上がるような気がして、ものすごくハッピーな気持になったことを今でも鮮明に覚えています。年中日焼け肌なのでYGが映えるし、シンプルなデニムスタイルもこの時計1本で箔がつく。カジュアルからフォーマルまで担ってくれる、ずっと大切にしたい時計です」

元記事で読む
の記事をもっとみる