1. トップ
  2. スキンケア
  3. 逆効果かも!? 秋冬に乾燥肌を加速させる「美容家がしないNGスキンケア」3つ

逆効果かも!? 秋冬に乾燥肌を加速させる「美容家がしないNGスキンケア」3つ

  • 2021.10.10
  • 43006 views

~もっと福岡を、好きになる~「あーね!」って言いたくなる情報を福岡から毎日発信中!

こんにちは。美肌研究家の杉本由美です。私は、手軽・ナチュラル・透明感ある美肌づくりの提案が得意で、美容や健康におけるさまざまな資格を保有しています。

乾燥が気になる季節に向けて、そろそろスキンケアのやり方を変更しようと思っている人も多いのではないでしょうか? きちんとスキンケアしているはずなのに、乾燥しやすい季節になると肌トラブルに悩まされる……。そんな人はもしかしたら、乾燥肌を加速させてしまうNGスキンケアをしてしまっているのかもしれません。

そこで今回は、美肌研究家の私が“季節の変わり目にしないNGスキンケア”をご紹介します。今年の秋冬こそ乾燥が気にならない肌を目指しましょう!

NG1:スキンケアアイテムを急にシフトする

スキンケアアイテムを急にシフトするのはNGスキンケア
画像:shutterstock

お肌のことを考えて最高のスキンケアをしたい気持ちから、よりよいアイテムを試したいと思っている人は多いはず。しかし、乾燥しやすい季節はお肌がゆらぎやすいため、使用しているスキンケアアイテムを急にシフトするのはおすすめできません。

ゆらぎ肌の状態では、慣れていない成分を刺激と捉えてしまう可能性があり、肌トラブルにつながってしまう恐れがあるからです。特に、季節の変わり目でお肌がゆらぎやすい時期は、スキンケアアイテムをすぐに変えるのではなく、お肌と相談しながらタイミングを見極めてくださいね。

NG2:シートマスクを毎日する

シートマスクを毎日するのはNGスキンケア
画像:shutterstock

お肌にうるおいを与えるために効果的なシートマスクですが、毎日することはおすすめしません。

一般的に販売されているシートマスクは、美容液成分などが豊富に配合されたスペシャルケアとしてのスキンケアを提供するものが多いです。こうした贅沢なケアを毎日することで、栄養過多になってしまい、お肌本来が持つうるおいを保とうとする力を低下させてしまう可能性も。その結果、かえってお肌の乾燥を招き、インナードライなどのトラブルにつながる場合があるのです。

時短のために、どうしてもシートマスクを貼って済ませたいという人は、保湿のみができるシンプルなタイプをセレクトするのがおすすめ!

NG3:ミスト化粧水を吹きかけただけで済ませる

メイクの上からでも保湿ができる便利なミスト型の化粧水。美肌意識の高い人は、ポーチに忍ばせる必須アイテムになっているかもしれません。私も普段から持ち歩いています。

ミスト化粧水を使うとき、お肌に吹きかけただけで放置するのはおすすめしません。

やりっぱなしだと、表面の水分を蒸発させるタイミングでお肌自身のうるおいも失ってしまう可能性があるため、私はしっかりハンドプレスでお肌に入れ込む作業をかかさないようにしています。

ひと手間加えてあげるのがポイントです。

スキンケアは「シンプル」「丁寧」「寄り添う」が正解

スキンケアは「シンプル」「丁寧」「寄り添う」が正解
画像:杉本由美

毛穴レスやキメのあるツヤ肌などの美肌を意識すると、スキンケアが手厚くなってしまいがち。でも、実は大切なのはご自身のお肌に合わせたスキンケアをすることです。「吹き出物ができている」「乾燥している」など、人によってお肌の状態はそれぞれ。高機能なスキンケアが必ずしも合うとは限りませんので、まず今のお肌に“寄り添う”ケアを優先させましょう。

寄り添うケアとは、自分の肌悩みを欲張らず1つずつケアしていくこと。これを丁寧に行うことで、今のお肌が求めているものが分かってきます。必要としていないものまで与えすぎないように、求めているものだけを与える“シンプル”なスキンケアにシフトすることを目指してみてください。ちなみに、私の普段のスキンケアは化粧水とクリームのみです。

また、スキンケアでは刺激を与えない“丁寧さ”を意識してください。刺激は肌トラブルに直結してしまうため、洗顔や保湿、どんなケアをする場合でも摩擦に注意した丁寧なケアを心掛けてみて!

美肌意識が高い人や、スキンケアにこだわりを持って取り組んでいる人が、知らず知らずのうちに陥ってしまいがちな“NGスキンケア”をご紹介しました。どれもお肌の乾燥を加速させてしまう可能性があるので、今のうちに習慣を見直しておきたいですね。お肌のことを考えたケアをしているはずが肌トラブルに……という事態を起こさないために、ぜひ参考にしてみてください。(文/杉本由美)
※この記事は公開時点での情報です。

元記事で読む