1. トップ
  2. おでかけ
  3. 『琳派 京を彩る』京都国立博物館で開催 -「琳派」初の大規模な展覧会

『琳派 京を彩る』京都国立博物館で開催 -「琳派」初の大規模な展覧会

  • 2015.7.19
  • 1754 views

琳派誕生400年記念、特別展覧会『琳派 京を彩る』が、京都国立博物館で開催される。期間は2015年10月10日(土)から11月23日(月・祝)まで。

「琳派」は、1615年、京都・洛北鷹峯の地に本阿弥光悦が徳川家康から土地を拝領し、工芸を家業とする親類縁者を集め、芸術家の村「光悦村」を作ったのがはじまりとされている。

本展覧会は、京都で生まれた「琳派」の初となる大規模な展覧会。俵屋宗達筆 国宝 風神雷神図屏風や、尾形光琳作 国宝 八橋蒔絵螺鈿硯箱など、会場には国宝5件、重要文化財36件が並ぶ。絵画、書、陶芸、漆芸、染織など、多彩なジャンルで琳派の名品に出会うことができる本展覧会に、ぜひ足を運んでみて。

【展覧会概要】
琳派誕生400年記念 特別展覧会「琳派-京を彩る」
期間:2015年10月10日(土)~11月23日(月・祝)
休刊日:月曜日
※ただし10月12日、11月23日は開館、10月13日は休館
時間:
9:30~18:00(入館は17:30まで)
※金曜日は20:00まで(入館は午後7:30まで)
場所:京都国立博物館 平成知新館
住所:京都府京都市東山区茶屋町527
観覧料:
・一般 1,500円(1,300円)
・大学生 1,200円(1,000円)
・高校生 900円(700円)
※()内は団体・前売り料金
・ペアチケット:2,400円※一般のみ、1人で2回使用も可能
※団体は20人以上。
※障がい者の人とその介護者各1名は無料。(障がい者手帳等を提示)
※キャンパスメンバーズは、学生証の提示で団体料金に。
※前売り券の発売は8月3日(月)~10月9日(金)まで。

【展示替に関して】
会期中、一部の作品は展示替が行われる。
前期:10月10日(土)~11月1日(日)
後期:11月3日(火)~11月23日(月)