1. トップ
  2. 乃木坂46山下美月、あざとく見せるために視線を意識「人によって目の見方を変えるように」<じゃない方の彼女>

乃木坂46山下美月、あざとく見せるために視線を意識「人によって目の見方を変えるように」<じゃない方の彼女>

  • 2021.10.10
  • 123 views

濱田岳、乃木坂46・山下美月が、10月11日(月)スタートのドラマ「じゃない方の彼女」(毎週月曜夜11:06-11:55、テレビ東京系)のオンライン会見に出席した。同作は、どこにでもいる普通に幸せな人生を送ってきた、“じゃない方の男性”にスポットライトを当て、妻と妻“じゃない方の彼女”との狭間で右往左往する姿をコミカルに描く不倫コメディー。大学准教授の雅也(濱田)は、大学生の怜子(山下)と偶然の出会いが重なり、道ならぬ恋の沼にはまっていく。会見では、濱田と山下が作品の印象や役作りへのアプローチなどを語った。

【写真を見る】山下美月“怜子”にドキドキする濱田岳“雅也”

作品の印象を聞かれ、濱田は「素直に“じゃない方”として生きてきてよかったと思いました。不倫コメディー、家族で見られる不倫ドラマと聞いて、言うのは勝手だよとちょっと思っていました(笑)。高いハードルを与えてくれて、臨みがいのある作品だと思っています」とコメント。

一方、濱田の第一印象を聞かれた山下は「濱田さんの印象は優しそうな方だなと思っていました」と話し、続けて「でも、印象そのままの優しい方でした」と語る。そんな山下に、濱田は「『すごい嫌な奴だった』とか言われるのかと思ってドキドキしちゃった」と返していた。

また、今回の会見には出席できなかったが、雅也の妻・麗役の小西真奈美もコメントを寄せた。小西は、濱田について「役のまーくんそのままで、穏やかでおおらかで現場全体を包み込んでくれるような方です」と絶賛。それを受け、山下は「私もそう言おうと思ったんです」と便乗し、濱田は照れ笑いを浮かべていた。

そして、役作りについて聞かれ「どうしたら20歳以上離れた男性に好きになってもらえるかな、どうしたら魅力的に見てもらえるかなというのを日々考えながら演じています。子どもっぽく見られ過ぎないように、でも若さゆえの勢いは大切にしていました」と語る山下。

さらに、“あざとく”見せるため、視線にこだわったという。「日常の中で魅力的に見えるしぐさをナチュラルに取り込めるように意識しています。あと、視線ですかね。好きな人の見方と、何とも思っていない人の目の見方は変えるように気を付けています」とアピールした。

その他、怜子のように魔性な女性が身近にいたらどうするか、という質問に濱田は「もし、友達が怜子ちゃんに狙われていたら全力で止めます。僕自身も緊張しちゃいますね。甘い言葉の裏に何かあると思って、とても緊張すると思います」と話す。

一方、山下は「もし、自分に付き合っている人がいたら、その時は絶対に連絡を取らない。私は怜子ちゃんのことを分かっているつもりでいるから悪い子ではないと思うんですけど、絶対に会わせたくないです(笑)」と笑顔で答えた。

最後に、濱田は「不倫コメディーという答えのないものに対して、みんなで日々戦っています。そんな中で現場では明るく楽しく撮影していますし、みんなの戦いの結果が視聴者の皆さんの笑顔につながればいいと考えています。僕らが迷走したら、最後はインド映画みたいになっちゃうかもしれません(笑)。お楽しみに!」と呼び掛けた。

元記事で読む
の記事をもっとみる