1. トップ
  2. グルメ
  3. 天満橋の「コバトパン工場」で絶対買いたい!かわいく&おいしく進化したコッペパン【大阪カフェごはん#5】

天満橋の「コバトパン工場」で絶対買いたい!かわいく&おいしく進化したコッペパン【大阪カフェごはん#5】

  • 2021.10.9
  • 13890 views

大阪でおいしい食事が楽しめるカフェを紹介する連載企画第五弾。今回は、天満橋にある、とってもかわいらしいコッペパン専門店「COBATOPAN FACTORY(コバトパン工場 本店)」へご案内。お店の外観や内装、パンはもちろんプレゼントにぴったりの焼き菓子缶まですべてにセンスが溢れています。

とってもかわいい、街の小さなパン屋さん

るるぶ&more.編集部

天満橋の駅から川を渡ってすぐの場所にある「コバトパン工場」。近くには系列店の「セカンドバナナ」や「ニューヨークチキングリル」もあり、BATON STREETと呼ばれるオシャレなエリアが形成されています。

るるぶ&more.編集部

バスストップのような看板と丸顔にコック帽をかぶった工場長が目印。5〜6人入るときゅうきゅうになりそうな小さなお店で、扉の中には1組ずつ入ります。

るるぶ&more.編集部

丸のモザイクタイルに木の看板、木の扉などトータルで醸し出される温かみのある雰囲気。

るるぶ&more.編集部

テイクアウトのお店ですが、晴れた日にはちょっと腰掛けられるテーブル席も出ます。

るるぶ&more.編集部

さて、中をのぞくと正面壁の棚にホーローの容器が並び、そこにみっちりと大小のコッペパンが並びます。お腹が空いているときには大きいコッペ。いろいろな味を試したいときは小さいコッペ。小サイズだと100円台からあって、お値段も良心的。

るるぶ&more.編集部

コッペパンはプレーン、胚芽、黒糖の3種類。サンドする具材に合わせて挟むパンを変えてあります。パン生地はすこし甘くて、ふわふわ。おかずコッペにお菓子コッペ、注文を受けてから揚げる「揚げパン」など、ちびっこからお年寄りまでみんなに愛されるコッペパンばかり、約20種類並びます。

るるぶ&more.編集部

昭和の給食を思わせるアルミのトレーに乗せて、お会計へ。1人で10個ぐらいまとめ買いする人もいるそう。どれも美味しそうで、コレもアレもとつい手が伸びる気持ち、わかります。

人気のおかずコッペパン3種はコレ!

るるぶ&more.編集部

さて、ここからはランチや夜食に食べたいおかずパンからオススメ3品のご紹介です。まずは、「コバトパン工場」のアイコン的な存在になっている「タマ助」から。人気のタマゴサラダになつかしの赤ウィンナーを挟んで。目の部分はクリームではなくて、別で焼いて手作業でつけるという繊細な手作業で作られています。コミカルな表情が愛らしくて、絶対写真を撮りたくなる一品。

たまご焼きそば(小)194円 白身タルタル(小)205円 タマ助(1サイズ)194円
(写真右から)たまご焼きそば(小)194円 白身タルタル(小)205円 タマ助(1サイズ)194円

人気のおかずパン3種を並べました。上から「たまご焼きそば」「白身タルタル」「タマ助」。「たまご焼きそば」は、特製コバトソースで仕上げたもちもち麺の焼きそばに、ゆでたまご合わせ、紅生姜がアクセントに。パンはプレーン。サクサクの白身フライには自家製のタルタルと特製コバトソース。胚芽パンで挟みます。具材からソースまで、ひとつひとつで作りにこだわって作られたコッペパンは優しくて、懐かしい味がします。

るるぶ&more.編集部

朝10時までに行けば、お持ち帰りのモーニングコーヒーが100円のサービスもあり。ご近所さんの特典ですね。

プレゼントにしたい!特製クッキー缶

るるぶ&more.編集部

コバトパン工場は、コッペパンの専門店ですが、隠れた人気商品、とってもキュートなクッキー缶があります。

るるぶ&more.編集部

紺色は、コバトスペキュロス缶1620円。甘くてスパイスの香りが口いっぱいに広がる、フランスの焼き菓子入り。黄色はコバトビスキュイ缶2484円。スパイスやハーブ、塩を効かせたソルティローズマリーとレモンチーズペッパーの2種類の甘すぎないクッキー入り。工場長や見習いコックさんのイラスト、コバトパン工場の文字などすべてが色付けしたあとにエンボス(凹凸)加工して丹念に作られています。扱い数も少ないと聞けば欲しくなりますよね。

COBATO 浪漫缶 其ノ壱(焼き菓子5種、お品書き 1枚、浪漫缶小咄 1枚、オリジナルカード 1枚)
COBATO 浪漫缶 其ノ壱(焼き菓子5種、お品書き 1枚、浪漫缶小咄 1枚、オリジナルカード 1枚)

新シリーズの「COBATO 浪漫缶 其ノ壱」の中には「山椒とチョコレートのスペキュロス」など5種類の焼き菓子がきっちりと収まっています。

るるぶ&more.編集部

微笑ましいメッセージ付きで、プレゼントにもぴったりですよ。

実は日本生まれのコッペパン。現在のコッペパンの原型を作ったという「丸十ぱん店」の“十”の文字にちなんで毎月10日は、コッペパンの日だそう。毎月10日になったら、ふわふわ柔らかい「コバトパン工場」のコッペパンを思い出しそうです。

Photo:photo scape CORNER.大﨑 俊典
Text:京都ライター事務所 小西尋子

●新型コロナウイルス感染症対策により、記事内容・営業時間・定休日・サービス内容(酒類の提供)等が変更になる場合があります。事前に店舗・施設等へご確認されることをおすすめします。
●掲載の内容は取材時点の情報に基づきます。内容の変更が発生する場合がありますので、ご利用の際は事前にご確認ください。
●旅行中は「新しい旅のエチケット」実施のご協力をお願いします。

元記事で読む