1. トップ
  2. ライター志望のめげない女子高生、毒舌評論家として大ブレイク!『ビルド・ア・ガール』

ライター志望のめげない女子高生、毒舌評論家として大ブレイク!『ビルド・ア・ガール』

  • 2021.10.9
  • 158 views
ライター志望のめげない女子高生、毒舌評論家として大ブレイク!『ビルド・ア・ガール』
(C)Monumental Pictures, Tango Productions, LLC, Channel Four Television Corporation, 2019

ビーニー・フェルドスタイン出世作『ブックスマート 卒業前夜のパーティーデビュー』限定上映

『ブックスマート 卒業前夜のパーティーデビュー』『レディ・バード』のビーニー・フェルドスタイン主演の青春エンパワーメントムービー『ビルド・ア・ガール』が10月22日より公開される。それを記念して、10月15日より『ブックスマート 卒業前夜のパーティーデビュー』が新宿武蔵野館で限定上映されることがわかった。

限定上映される『ブックスマート 卒業前夜のパーティーデビュー』は、成績優秀で親友同⼠のエイミー(ケイトリン・デヴァー)とモリー(ビーニー)が、失った高校3年間の青春を取り戻すため、高校生活最後の日に卒業パーティに繰り出すことを決意する青春ハイスクールコメディ。

『ビルド・ア・ガール』で主演を務めるビーニーとケイトリンがW主演し、77回ゴールデン・グローブ賞ノミネートのほか数々の映画賞を席巻。日本でも昨年公開されるやスマッシュヒットを放ち、ビーニーの存在と魅力を映画ファンに知らしめることとなった出世作だ。

勇気とパワーをくれるアグレッシブな女子高生

22日より全国公開される『ビルド・ア・ガール』は、『ブックスマート 卒業前夜のパーティーデビュー』のモリー役で青春コメディジャンルの才能とみんなを元気にする時代のアイコンとしての地位を確立したビーニーが、満を持して臨む初の単独主演作だ。

舞台は、1993年イギリス。郊外に家族7人で暮らすジョアンナは、底なしの想像力と文才に長けた16歳の高校生だが、学校では冴えない子扱い。そんな悶々とした日々を変えたい彼女は、大手音楽情報誌「D&ME」のライターに応募。単身で大都会ロンドンへ乗り込み、仕事を手に入れることに成功する。だが取材で出会ったロック・スターのジョンに夢中になってしまい、冷静な記事を書けずに大失敗。編集部のアドバイスにより、“嫌われ者”の辛口批評家として再び音楽業界に返り咲く。過激な毒舌記事を書きまくる“ドリー・ワイルド”へと変身したジョアンナの人気は爆発、しかし徐々に自分の心を見失っていく……。

ビーニーは、失敗やチャレンジを繰り返しながらがむしゃらに自分作りに突き進む高校生・ジョアンナを、変わらぬコメディエンヌとしての存在感を見せつけている。そして、こう語りかける。

「自分作りの途中で道を間違えたと気づいたら? やり直せばいい。何度でも諦めずに」

元気をくれるアイコンとして見る人に生きる勇気とパワーを与えてくれる2作品に注目だ。

『ビルド・ア・ガール』は10月22日より全国ロードショー、『ブックスマート 卒業前夜のパーティーデビュー』は10月15日より新宿武蔵野館で限定上映される。

 

元記事で読む