1. トップ
  2. 『正義の天秤』第3話ゲストに高橋克実 亀梨和也との共演に「存在感に圧倒されました」

『正義の天秤』第3話ゲストに高橋克実 亀梨和也との共演に「存在感に圧倒されました」

  • 2021.10.8
  • 1031 views
『正義の天秤』写真提供=NHK

NHK土曜ドラマ『正義の天秤』第3話にゲスト出演する高橋克実のコメントが公開された。

本作は、大門剛明の同名小説を原作とした法廷ミステリー。医師から転職した天才弁護士が、冤罪の悲劇に苦しみながら、戦力外チームを率いて数々の難事件の真相を暴いていく。

「元外科医」の肩書を持つ弁護士・鷹野和也を亀梨和也が演じるほか、奈緒、北山宏光、大政絢、佐戸井けん、大島優子、萩原聖人、竹中直人、中村雅俊がキャストに名を連ねた。

高橋が演じるのは、第3話に登場する“ミスター 検察”と呼ばれる検事・長谷川政尚。第3話では、高崎の銀行で起きた強盗殺人事件で、検察側の無期懲役の求刑に対し、主任弁護人・杉村(北山宏光)が懲役三十年を勝ち取る。しかし、検察の闇を疑う鷹野(亀梨和也)は、杉村と主任検事・長谷川との間に裏取引を疑う。長谷川は、雨宮(大島優子)が調べていた安倍川事件にも関わっていた検事の一人だった。 ほどなく杉村との取引が無かったことが判明。しかし、検察の求刑が軽すぎることが気になった鷹野は調査を進め……。

高橋は亀梨とは本作が16年ぶりの共演。「久々にご一緒して、演技の素晴らしさはもちろんなのですが、主役の貫禄というか、その存在感に圧倒されました」と亀梨の演技を絶賛すしている。

●高橋克実(長谷川政尚役)コメント全文
亀梨さんとは16年ぶりの共演です。
久々にご一緒して、演技の素晴らしさはもちろんなのですが、主役の貫禄というか、その存在感に圧倒されました。
私の役どころは検事です。検事なのに、何故か、弁護士の亀梨さんに追い詰められていく緊迫の法廷シーンを、ぜひ、ご覧下さい。

(リアルサウンド編集部)

元記事で読む
の記事をもっとみる