1. トップ
  2. 前からくるんと後ろへ回すだけ「顔前で結ぶハーフアップ」/ヘアゴム1本でなんとかする

前からくるんと後ろへ回すだけ「顔前で結ぶハーフアップ」/ヘアゴム1本でなんとかする

  • 2021.10.7
  • 3233 views
前からくるんと後ろへ回すだけ (C)保科真紀/KADOKAWA
前からくるんと後ろへ回すだけ (C)保科真紀/KADOKAWA

ラクだからって単なる一本しばりはNGだった!人気美容師さん直伝「基本のミドルポニー」/ヘアゴム1本でなんとかする

用意するのはヘアゴム1本! 不器用でも髪悩みがあってもできるヘアアレンジをお教えします。

Instagramのフォロワー4万人を超える、ukaの大人気美容師・保科真紀さんが教える簡単ヘアアレンジが満載の『ヘアゴム1本でなんとかする』。むくみ顔も、エラ張りも、髪の毛のうねりや白髪も全部、「ヘアゴム1本」のヘアアレンジで、自分でなんとかできるんです!

たとえ不器用でも、どんな髪悩みがあっても、マネするだけで「こなれ感」が出る方法を伝授する本書から、毎日を髪の毛からHappyにできるヘアアレンジを紹介します。

※本作品は保科真紀著の書籍『ヘアゴム1本でなんとかする』から一部抜粋・編集しました

顔前で結ぶハーフアップ

■前からくるんと後ろへ回すだけ

後ろは見えないので、前で結んで回したらどうだろう?と、試して生まれたアレンジです。

How to

■ハーフアップにする髪をブロッキング

耳より前の髪を両サイドともブロッキングする。トップの分け目はそのままにせずジグザグにしておくと、ぱっくりと割れるのを防げる。

ハーフアップにする髪をブロッキング (C)保科真紀/KADOKAWA
ハーフアップにする髪をブロッキング (C)保科真紀/KADOKAWA

■ブロッキングした髪をあご先で結ぶ

ブロッキングした髪をあご先でまとめて細めのゴムで結ぶ。ロングヘアの場合でも、あご先に合わせて結ぶのがポイント。

ブロッキングした髪をあご先で結ぶ (C)保科真紀/KADOKAWA
ブロッキングした髪をあご先で結ぶ (C)保科真紀/KADOKAWA

■結んだ毛束をそのまま持ち上げる

結んだ毛束の先を持ち、そのままぐるっと後頭部まで移動させる。こうすることでサイドにねじりが加えられる。

結んだ毛束をそのまま持ち上げる (C)保科真紀/KADOKAWA
結んだ毛束をそのまま持ち上げる (C)保科真紀/KADOKAWA

■最後に毛束をほぐして整える

前から回した毛束のゴム部分を持って髪を引き出す。ジグザグに分けたトップの髪も引き出し、ニュアンスを加えながら整えて完成。

最後に毛束をほぐして整える (C)保科真紀/KADOKAWA
最後に毛束をほぐして整える (C)保科真紀/KADOKAWA

後ろに毛束を持っていく際、前髪がぐちゃっとしてしまいますが、あとで整えればOK。後ろに回したあとに結んだゴムをキュッと締めると、横から見たときにくびれができて、後頭部がふっくら見えます。

後ろに毛束を持っていく際、前髪がぐちゃっとしてしまいますが、あとで整えればOK。 (C)保科真紀/KADOKAWA
後ろに毛束を持っていく際、前髪がぐちゃっとしてしまいますが、あとで整えればOK。 (C)保科真紀/KADOKAWA

著=保科真紀/『ヘアゴム1本でなんとかする』(KADOKAWA)

元記事で読む
の記事をもっとみる