1. トップ
  2. 恋愛
  3. 『らせんの迷宮』第1話に平岡祐太&小野ゆり子出演 田中圭ら登壇オンライン会見の生配信も

『らせんの迷宮』第1話に平岡祐太&小野ゆり子出演 田中圭ら登壇オンライン会見の生配信も

  • 2021.10.7
  • 1309 views
(左から)平岡祐太、小野ゆり子

10月15日からテレビ東京系で放送がスタートする田中圭主演の金曜8時のドラマ「らせんの迷宮~DNA科学捜査~」の第1話に、平岡祐太と小野ゆり子がゲスト出演することが発表された。

本作は、小学館『ビッグコミック増刊号』で連載された、作・夏緑、画・菊田洋之の人気漫画『らせんの迷宮―遺伝子捜査―』を連続ドラマ化するヒューマンミステリー。「DNAは嘘をつかない」が口癖で、32億の遺伝子配列を記憶するという天才遺伝子科学者が、熱血刑事や科捜研の美女とともに、難事件や未解決事件を解き明かし、遺伝子捜査の裏にある人間の業に迫る模様を描く。

2時間スペシャルとなる10月15日放送の第1話ゲストとして出演する平岡が演じるのは、安田顕演じる熱血刑事・安堂源次の妻も犠牲となった、10年前の連続殺人事件の一人目の被害者の遺族・弓塚明紀。源次が事件の直後から、弓塚をはじめとした被害者遺族たちに寄り添ってきたことから、弓塚は源次のことを信頼。田中演じる神保も、この事件の捜査に協力することで弓塚と関わるようになっていく。

そして、小野が演じるのは、倉科カナ演じる乱原流奈が勤める科捜研に出入りする、医療機器メーカーの営業・楠田綾香。乱原と同じく大学で遺伝子の勉強をしており、さらに、神保に憧れているという共通点もあることから、乱原とはよく一緒にご飯に行くほど公私ともに仲が良く、捜査で科捜研を訪れた神保と遭遇して大興奮するという可愛い一面もある人物だ。

そんな2人だが、実はとある秘密を抱えていて……。さらに、じゅんいちダビッドソンもホスト役で出演。神保と源次をめぐり合わせるキーマン(?)を演じる。

さらに、10月11日19時頃から、主要キャストによるオンライン会見の生配信が決定。田中、安田、倉科の3名が出演する会見の模様は、テレビ東京公式YouTube、テレビ東京公式LINEにて配信予定。ここでしか聞けない撮影現場でのエピソードやドラマの見どころなどを語る。また、生配信実施にあたり、田中、安田、倉科への質問を10月10日まで募集。「#らせんの迷宮質問箱」のハッシュタグを付けてTwitterへ投稿することで応募が完了となる。

【平岡祐太(弓塚明紀)コメント】
●10月クールでの放送が決定したときの気持ち
挑戦した役でもありましたし、絶対に見て頂きたい作品でもあったので、無事放送が決まって安堵しました。

●弓塚明紀の印象や演じた感想
触れてはいけない秘密を持った人物です。

●撮影現場の雰囲気
決め事のようなものがあまり無くて、監督から「どうする?」とよく言われていた気がします。役者の自発的なものを求めていたのかもしれません。田中圭くんとも、ああでも無いこうでも無いと言いながらシーンを作っていました。

●視聴者へメッセージ
見応えのあるクライムサスペンスになっていると思います。ドキドキしてください!

【小野ゆり子(楠田綾香)コメント】
●10月クールでの放送が決定したときの気持ち
“延期”とは聞いていましたが、同じキャスト・スタッフの皆さんが本当に再集結できるなんて奇跡なんじゃないかと思っています。 無事、撮影再開できたこと、放送できることに感謝と喜びでいっぱいです。

●楠田綾香の印象や演じた感想
演じた楠田綾香は、あの事件からどれだけ苦しい心境で過ごしていたのか計り知れません。ずっと無理やり蓋をしていたことを、田中圭さん演じる神保先生がシールを一枚一枚丁寧に剥がすようにそっと開けてくれたおかげで救ってもらえたと思っています。お芝居しながら心が軽くなっていった感覚が忘れられません。

●撮影現場の雰囲気
撮影が再開して初めて科捜研と「ゲ呑ム」(劇中で登場するカフェ)にお邪魔したのですが、皆さん久しぶりとは思えないくらい息ぴったりで、とても良い雰囲気の中でお芝居させてもらいました。「ゲ呑ム」では倉科カナさんがきゅうりを食べながらお芝居していたのですが、カットがかかるたびにきゅうりの繋がりについて考えていてなんともかわいく、面白い方だなぁときゅんとしました。

●視聴者へメッセージ
DNA…? など難しいことは考えず、まず見てみて頂きたいです。魅力的なキャストの皆さんが待っています。私も放送が楽しみです。

(リアルサウンド編集部)

元記事で読む
の記事をもっとみる