1. トップ
  2. おでかけ
  3. ド迫力な見た目! 丸亀製麺の東京ドーム限定メニュー「ドームうどん」を食べてみた

ド迫力な見た目! 丸亀製麺の東京ドーム限定メニュー「ドームうどん」を食べてみた

  • 2021.10.9
  • 327 views

安くておいしいうどんチェーン「丸亀製麺」。実は、特定の店舗でしか提供していない限定メニューが存在します。なかでも気になるのは東京ドームシティ店が販売している「ドームうどん」。一体どんなメニューなのでしょうか。食べに行ってみました!

全国に850店、釜揚げ1杯290円

うどんを安くおいしく食べられるチェーン店が増えました。「はなまるうどん」「つるまる饂飩(うどん)」「山田うどん」……いろいろありますが、人気や知名度の高さで思い出すのは、やはり「丸亀製麺」ではないでしょうか。

2000(平成12)年に創業し、本格的な讃岐(さぬき)釜揚げを掲げる同店。代名詞とも言える「釜揚げうどん」は、税込み290円です。国内850店舗に加えて、海外10の国と地域に229店舗を擁しているというから驚きです。

ちなみに2019年5月放送のバラエティー番組『坂上&指原のつぶれない店』(TBSテレビ系)では、店舗別売上ランキングの1位は米ハワイのワイキキ店だと紹介されて話題を呼びました。うどんは世界的な人気メニューなのです。

おなじみ丸亀製麺。その店舗限定メニュー、気になりませんか(画像:ULM編集部)

さて、そんな丸亀製麺ですが、チェーン店ではあるものの特定の店でしか食べられない「店舗限定メニュー」があるのをご存じでしょうか。

公式サイトで大々的に宣伝されていないということもあり、知る人ぞ知る幻のメニュー。どんなものなのか気になります。

今回紹介するのは、東京ドームシティ店(文京区後楽)が誇る限定メニュー「ドームうどん」です。野球ファン、読売ジャイアンツファンならずとも興味をそそられるのではないでしょうか。さっそく食べに行ってみることにしました。

場所はドームシティのフードコート

場所は、JR・都営地下鉄の水道橋駅からすぐの東京ドームシティ内。フードコートに店を構えています。

気になる限定メニューの正式名称は「ドームかき揚げと半熟玉子のぶっかけうどん」。名前を見るに、どうやらかき揚げがドームの形をしているよう。定番のトッピングとして普通の野菜かき揚げもありますが、両者は何が違うのでしょう。

レジで「ドームうどん」を注文すると、「揚げたてを作りますから少々お待ちください」と女性店員。うれしい心遣いに期待が高まります。

フードコート内にある東京ドームシティ店(画像:ULM編集部)

5分足らずで出来上がった「ドームうどん」。ひと目見ただけで、普通のかき揚げとは明らかに違う……! 厚さ、横幅とも“規格外”なのです。

スマートフォンの採寸アプリで計測してみたところ、厚さはおよそ6cm。横幅は、どんぶりを真上からのぞき込むとかき揚げの下にあるはずの麺が一切見えないサイズです。

思わずラーメンの人気ジャンル「二郎系」を思い出しました。たしかにドームっぽい存在感と言えます。

かき揚げをはしで持ち上げて、まずはひと口。カリッ。カリッカリ! 揚げたてらしい食感と音。よくかむと玉ねぎの甘みが口にジュワーッと広がって、つゆの塩味と混ざり合った味わいのハーモニーが何とも言えません。

ドームうどんの詳細、同社広報に聞いた

かき揚げの“ドーム”を制覇しないとその下の麺にたどり着けないあたり、やはりラーメン二郎(に盛られたモヤシ)を彷彿とさせます。どんぶりの奥へと分け入っていくと、ようやく麺と、さらに半熟卵の天ぷらが姿を現しました。

東京ドームなので野球のボールをイメージしているのでしょうか。

かき揚げ、半熟卵天ぷら、揚げ玉、ネギ……と盛りだくさん。並盛りを注文しましたが十分お腹いっぱいになるボリュームでした。とはいえ野菜のかき揚げなので、その分ヘルシーな食後感です。

価格は570円(税込み)。食べ応えを考えればかなり良心的と言えそうです。

ざっくり測ったところ、かき揚げの厚さは約6cm!(画像:ULM編集部)

「ドームうどん」について追加調査をすべく、丸亀製麺の広報担当に話を聞きました。

――あらためて、「ドームうどん」の概要を教えてください。

「正式名称は『ドームかき揚げと半熟玉子のぶっかけうどん』で、並570円と大680円をご用意しています。麺の量は、麺が並1玉、大が1.5玉で、具材の量は共通です」

「かき揚げは、通常の野菜かき揚げより少し大きなリングを使って作っています。具材には玉ねぎ、にんじん、青ネギ、さつまいもを使っています」

「そこにさらに半熟玉子天を添えて提供しています。つゆはぶっかけつゆで、温か冷を選べます」

近隣ビジネスマンにも愛される味

――「ドームうどん」はいつ発売されたのでしょうか。

「社内確認をしたのですが、販売開始時期が明確に分かる帳票類が見当たらずでして……、かなり前から販売していた商品と思われます。東京ドーム様からご要望をいただいて、営業部と商品開発部にて商品作成し、商品化に至ったと聞いています」

――「ドームうどん」は、野球の試合がある日で1日何杯くらい販売されているのでしょうか。

「具体的な販売数はお伝えできないのですが、ボリュームのある商品ですので、多くのお客様にご好評いただいています!」

――「ドームうどん」はどのような人が注文しますか。

「野球ファンの方はもちろん、野球観戦以外で東京ドームへいらっしゃる方、そして近隣で働いている方にも注文をいただいています。これからも喜んでいただけるよう、おいしいうどんとかき揚げをお作りしていこうと思います!」

東京ドームシティ(画像:写真AC)

※ ※ ※

食べ応えのあるうどんをガッツリ食べたいとき、親子で1杯をシェアしたりなど、いろいろな楽しみ方がありそうな「ドームうどん」。その店でしか食べられないというプレミア感が、いっそうファン心理をくすぐります。

東京でもようやく緊急事態宣言が解除されて、少しずつお出かけできるムードが広がってきました。感染予防対策に十分気をつけたうえで、秋の行楽日和に東京ドームへ出かけてみてはいかがでしょうか。

ULM編集部

元記事で読む
の記事をもっとみる