注目アイコン システムメンテナンスのお知らせ
  1. トップ
  2. スキンケア
  3. ドロドロになるのはイヤ! 化粧くずれを回避するには?

ドロドロになるのはイヤ! 化粧くずれを回避するには?

  • 2015.7.18
  • 6037 views

汗や脂が多くでてきてしまう暑い季節、どうしても化粧くずれが気になります。午後にはドロドロ……なんて人も少なくないと思いますが、朝からでもドロドロになりやすいのがこの暑い季節の特徴。朝から化粧なおしなんて、お肌にも負担がかかるそんな手間、かけたくないですよね?

化粧くずれをわざと促進

化粧くずれが嫌だからと、じつはわざと化粧くずれを促進させているケースがあります。たとえば皮脂が浮いてきたらすぐに脂とり紙で皮脂をとる――という行為。これは角質が壊れやすくなったり、余分に皮脂の分泌が激しくなったりします。また、汗や水に強いウォータープルーフのファンデーションなどは、肌機能を低下させやすいため、毎日使用せずにいざというときだけにとどめたほうがよいかも。普段するメイクは、ちょっとした手間をかければ化粧くずれをおさえられます。

朝が肝心になる

化粧くずれを回避するには、朝の行動がとっても重要です。朝はいろいろと忙しくバタバタしがちですよね。そのため、お化粧もパパっとすませてしまっていませんか? 化粧くずれをしないメイクをするには、まずはベースが重要になります。

化粧くずれの原因は皮脂の分泌だけでなく汗によるものも。朝バタバタと支度をしていると皮膚がほてって、汗がじんわりでた状態になります。そのまま化粧をすると、ベースメイクやファンデーションが浮いた状態になってしまいます。そのため化粧をする前には、顔に冷たいタオルをかぶせ汗をおさえてあげるとよいです。肌を鎮静化するとベースも塗りやすく、ファンデーションもピタッと肌におさまります。夏こそ、朝はゆとりをもって早起きしましょう。

肌を健康にする

そもそも、化粧くずれのない肌をもてたらそれが理想ですよね。肌を健康な状態にしてあげられたら、夏だけでなく冬も乾燥しらずの潤った肌でいられます。まずは自分が肌の健康を害していないが見なおしてみるといいかも。たとえば洗顔のしすぎ。夏になるとべとべとした肌が嫌だからって、洗顔を一日に何度も行っていませんか? または、入念に汚れをおとすといわれている洗顔を行っていると、角質を壊したりして皮脂の分泌コントロールができない肌になることにもあります。

夏でもしっかり保湿

夏は顔もほてりやすく、じつは水分がたりていない状態になります。水分不足は乾燥肌の原因となり、そのため皮脂の分泌が激しくなったりすることも。夏だからこそ保湿をしっかりと行って、肌を潤わせてあげましょう。角質層にしっかりと水分がたもたれていると、バリア機能も一層強力になります。夏の強い紫外線から肌を守る役目も担っているので、朝と夜のスキンケアをしっかりと行っておきましょう。

健康な肌になると、汗や皮脂の分泌も安定するので、結果的に化粧くずれしにくい肌へと成長していきます。一日に何度も顔を洗う、何度も化粧直しをする――そのような生活を改善して肌を根本から健康にすることがポイントです。