1. トップ
  2. TOKIO「ネスカフェ ゴールドブレンド」新TVCM出演 「株式会社TOKIOも時代に合わせどんどんチャレンジしていきたい」

TOKIO「ネスカフェ ゴールドブレンド」新TVCM出演 「株式会社TOKIOも時代に合わせどんどんチャレンジしていきたい」

  • 2021.10.1
  • 112 views

TOKIOの城島茂、国分太一、松岡昌宏が出演する「ネスカフェ ゴールドブレンド」新TVCMが10月4日(月)より放送開始。その記者発表会が10月1日、都内で行われ城島、国分、松岡が登壇した。

【写真を見る】CMテーマにちなんだフリップトークをするTOKIOの城島茂、国分太一、松岡昌宏

カッコいい大人の仲間入り…できたのか、身が引き締まる想い

城島は、CMオファーを受けたときの気持ちを「一言“うれしい”。(CMには)これまで、渋い大人や文化人の方が出演されているイメージがありますので」と表現。

国分は「どっきりだと思いました(笑)。私たちに本当にオファーが来たのですか?というのは何度も確認しました。カッコいい大人の人たちが出ているイメージでしたので、出演できるということは、カッコいい大人の仲間入り…できたのか。それとも、これから先カッコいい大人を目指していくのか、身が引き締まる想いというか感無量です」と語った。

松岡も「自分たちが幼い頃から見ていたCMのひとつですから、自分が出させてもらうようになったということに、自分がその年になったのか、と」と吐露。また、3人でCM出演したことに触れ、「株式会社TOKIOを立ち上げた年に、こういった形で出させていただくことに感謝しています」と話した。

初代キャンペーンが1970年に開始されたことから、同じく1970年生まれの“同い年”城島は、司会者から“長く愛される秘訣”を尋ねられ、「TOKIOが長く続けられたのも、皆さんの応援とかいろんなことがあってのおかげだと思うんですが、やっぱり長く愛され続けるという部分においては、新しいものを取り入れてきたというのが理由にあるのかな、と。時代にあわせてリニューアルしていくのも大事だと改めて感じております」と答えた。

そんな城島に国分が「今日は噛まないですね」とツッコむと、松岡も記者たちのほうを見て「皆さん、筆が進んでませんよ(笑)」と言うなど、息の合ったやり取りで会場をわかせ、長く愛されるもうひとつの秘訣を垣間見せた。

「違いをつくる人として取り組みたいこと」を発表

また、今回のCMテーマ「違いをつくる人」(=自分の信じる道を進みながら周囲にも良い影響をもたらす人)にちなみ、3人が「違いをつくる人として取り組みたいこと」をボードに書いて発表する場面も。

城島は「地域活性化活動」。地域活性化活動はこれまでもTOKIOが行ってきたことであるが、これまで以上に日本の地域の活性化のために活動を継続していけたら…と意気込みを述べた。

国分は、「SNSで活動を発信」。SNSをうまく使い日本の技術や文化を多くの人に見てもらい改めて日本のすばらしさを知ってもらいたいとコメント。

松岡は「何事も楽しみながら挑戦する」と発表。ガチガチになっていると、なかなか動けなくなるがちょっと遊び心を入れて柔軟な判断をすることによって見つかるや新たに挑戦したいことが出てくると話した。

最後は、城島の「今回新しくリニューアルしたネスカフェ ゴールドブレンドと共に、株式会社TOKIOも時代に合わせどんどんチャレンジしていきたいと思っております」という、社長らしい言葉で会見が締めくくられた。

元記事で読む