1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. 広島県「本当に住みやすい街大賞2021」が決定! 3位「五日市」、2位「福山」を抑え1位に輝いたのは?

広島県「本当に住みやすい街大賞2021」が決定! 3位「五日市」、2位「福山」を抑え1位に輝いたのは?

  • 2021.9.30
  • 25148 views
広島県の「本当に住みやすい街大賞2021」を発表しました。
広島県の「本当に住みやすい街大賞2021」を発表しました。

住宅ローン専門金融機関のアルヒは、全国7つの都道府県やエリアを対象とした「本当に住みやすい街大賞2021」を発表。

アルヒを利用しているユーザーのデータを集計し、実際に生活するという視点での5つの基準(住環境、交通の利便性、教育・文化環境、コストパフォーマンス、発展性)をもとに不動産専門家がランキングにしています。本記事では、広島県の上位TOP3を紹介します。

第3位:五日市(JR山陽本線)

3位は、広島市佐伯区の「五日市駅」でした。総合評価は平均4.10点(5点満点中)、5つの評価基準はどれもほぼ4点以上を獲得しています。

JR山陽本線と広島電鉄宮島線の2路線が利用可能なうえ、広島湾沿いを通る広島南道路も整備が進んでいます。駅周辺には百貨店やスーパーのほか、車で20分ほどのところには「THE OUTLETS HIROSHIMA」もあります。日常生活から休日の買い物まで幅広いニーズに応えてくれる街です。

第2位:福山(JR山陽本線)

2位は、福山市の「福山駅」でした。総合評価は平均4.17点、特に発展性と教育・文化環境への評価が高く、ほかの項目もほぼ4点以上を獲得しています。

JR山陽新幹線や高速バスが充実しており、県外への交通の便に優れています。車の場合も、山陽自動車道「福山東IC」が近く遠出にも便利です。市内には「広島県立歴史博物館」や「ふくやま美術館」といった文化施設が点在しているほか、小中一貫教育を推進する「福山100NEN教育」プログラムにより子どもたちが主体的に学べる環境の整備が進んでいます。

第1位:天神川(JR山陽本線)

1位は、広島市南区の「天神川駅」でした。総合評価は平均4.40点、住環境や交通の利便性、教育・文化環境への評価が特に高く、ハイレベルな街として1位に選ばれました。

2004年の駅開業をきっかけに周辺施設が整備されてきた地域で、県内最大級のショッピングモール「イオンモール広島府中」や「コストコホールセール広島倉庫店」など、生活利便施設が複数点在。お隣の広島駅南口広場では、複合ビルや新築マンションの建築も控えており将来への期待度も高い駅です。駅北東部の府中町は子育て世帯を対象とした支援にも積極的で、子育てしやすい環境が整っています。

文:斉藤 雄二

元記事で読む