1. トップ
  2. ラクだからって単なる一本しばりはNGだった!人気美容師さん直伝「基本のミドルポニー」/ヘアゴム1本でなんとかする

ラクだからって単なる一本しばりはNGだった!人気美容師さん直伝「基本のミドルポニー」/ヘアゴム1本でなんとかする

  • 2021.9.30
  • 5515 views
美フォルムで魅せる大人フェミニン (C)保科真紀/KADOKAWA
美フォルムで魅せる大人フェミニン (C)保科真紀/KADOKAWA

変わりたいと望んだ時が最高のタイミング! いくつからでもキレイになれる

用意するのはヘアゴム1本! 不器用でも髪悩みがあってもできるヘアアレンジをお教えします。

Instagramのフォロワー4万人を超える、ukaの大人気美容師・保科真紀さんが教える簡単ヘアアレンジが満載の『ヘアゴム1本でなんとかする』。むくみ顔も、エラ張りも、髪の毛のうねりや白髪も全部、「ヘアゴム1本」のヘアアレンジで、自分でなんとかできるんです!

たとえ不器用でも、どんな髪悩みがあっても、マネするだけで「こなれ感」が出る方法を伝授する本書から、毎日を髪の毛からHappyにできるヘアアレンジを紹介します。

※本作品は保科真紀著の書籍『ヘアゴム1本でなんとかする』から一部抜粋・編集しました

基本のミドルポニー

■美フォルムで魅せる大人フェミニン

ミドル=耳の高さ。日本人はどうしてもゼッペキになってしまうので、欲しいところに膨らみを持たせられるのがミドルポニーのいいところ。襟足がキュッとタイトになるので、首すじがきれいに見えて女度もアップ。

How to

■後頭部を丸くするつもりで引き出す

耳の高さで結び、結び目のすぐ上と耳上の毛束を引き出して緩ませる。後頭部は「盛る」ではなく「丸くする」イメージで。あまり高い位置にボリュームを作らないようにするのがポイント。

後頭部を丸くするつもりで引き出す (C)保科真紀/KADOKAWA
後頭部を丸くするつもりで引き出す (C)保科真紀/KADOKAWA

■ゴムに毛束を巻きつけて隠す

襟足部分から毛束を引き出し、ゴムを隠すように巻きつける。最後に毛先をゴムの中に入れ込む。

ゴムに毛束を巻きつけて隠す (C)保科真紀/KADOKAWA
ゴムに毛束を巻きつけて隠す (C)保科真紀/KADOKAWA

■毛先にワックスをつけて動きを出す

ポニーテールの毛先にのみワックスをつける。

毛先にワックスをつけて動きを出す (C)保科真紀/KADOKAWA
毛先にワックスをつけて動きを出す (C)保科真紀/KADOKAWA

ゴムの近くにたゆっとボリュームを持たせたシルエットが今っぽい。毛先部分にワックスをもみ込んで動きを出すとバランスがよくなります。

襟足がキュッとタイトになるので、首すじがきれいに見えて女度もアップ (C)保科真紀/KADOKAWA
襟足がキュッとタイトになるので、首すじがきれいに見えて女度もアップ (C)保科真紀/KADOKAWA
ゴムの近くにたゆっとボリュームを持たせたシルエットが今っぽい (C)保科真紀/KADOKAWA
ゴムの近くにたゆっとボリュームを持たせたシルエットが今っぽい (C)保科真紀/KADOKAWA

著=保科真紀/『ヘアゴム1本でなんとかする』(KADOKAWA)

元記事で読む
の記事をもっとみる