1. トップ
  2. ダイエット
  3. 在宅ワークの人、必見!正しいイスの座り方。【バレリーナ金子仁美のきれいなカラダのつくり方】

在宅ワークの人、必見!正しいイスの座り方。【バレリーナ金子仁美のきれいなカラダのつくり方】

  • 2021.9.29
  • 2090 views

バレリーナ金子仁美さんが、ベールに包まれたバレリーナの生活と、日常でできる簡単ストレッチやトレーニングをご紹介します。第18回は、正しいイスの座り方を紹介します。(記事トップ画像:©︎Shoko Matsuhashi)

金子仁美です。最近は少し秋風を感じるようになりましたね。季節の変わり目なので、私も風邪をひかないよう、いつも以上に気をつけています。
今回は意外と知らない「正しい!?イスの座り方」をお届けします。在宅ワークで家にいる時間が長くなっている方が多いと思います。実はイスに座るという何気ない動きでも、間違った座り方をすることでカラダに負担をかけていることがあります。逆に言うと、座り方に気を付けるだけで、腹筋や背筋、体幹を鍛えることができます。早速、いってみましょう!

【パターン1】イスに浅く腰掛ける場合

まずは正しい座り方です。ポイントは4つ。

・1番下の仙骨がまるくならないよう、しっかり起こされた状態をキープする。
・足裏がすべて床についていること。
・ひざは開かないようにする。
・背筋が上から引っ張られているような、まっすぐな状態を意識する。

お腹が出っ張っていてNG。
背筋が曲がっていてNG。首も前に出てしまい、肩にへんな力が入っています。

こちらはNG例。悪い姿勢で長時間座っていると背骨のゆがみにつながりますので、気をつけましょう。

【パターン1】イスに深く腰掛ける場合

仙骨をイスの背もたれの1番深いところに合わせ、しっかりと腰掛けます。写真のイスは少し背もたれがそっているので背中をすべてくっつけてはいませんが、電車やバスの場合は、背もたれに背骨をしっかりとつけ、体重をかけるイメージで座ってみてください。
ちなみに、背もたれが少しそっているイスの場合は肩の力を抜き、頭〜背骨がまっすぐなラインでつながっていることを意識。背中をしっかりと背もたれにあずける、という座り方がおすすめです。劇場にお越しの際は、ぜひこの座り方を意識してみてくださいね。

こちらはNG例。座り方が中途半端になってしまい、仙骨が丸くなって腰に負担がかかっている状態です。背もたれと仙骨の間にすき間が出きないよう気をつけてください。

恒例のおまけの1枚。イスをもってパンシェ(脚を高く上げるバレエの動きのひとつ)をしてみました。次回はこれに挑戦したいと思います!

【日常のひとコマ】癒される愛用の香水。

私のお気に入りの香水は〈AUX PARADIS(オゥパラディ)〉の「#03 Fleur」。ここ半年くらい、ずっと愛用しています。すごく癒される香りです。以上、金子仁美でした!また来月お会いしましょう。

元記事で読む
の記事をもっとみる