1. トップ
  2. 恋愛
  3. 「信じられない!」誤爆LINEによって喧嘩に発展したエピソード4つ

「信じられない!」誤爆LINEによって喧嘩に発展したエピソード4つ

  • 2021.9.28
  • 24367 views

楽しくLINEのやりとりをしていたはずですが、誤爆LINEが届いて喧嘩に発展。いったいどんな内容が届いたのでしょうか? 今回は、喧嘩のきっかけとなった誤爆LINEのエピソードをリサーチしました。

誤爆LINEによって喧嘩に発展したエピソード

(1)彼女の顔に点数付けをする男

「アプリで知り合った男性と食事へ。すると、食事後、『この子と食事に行ってきたんだけど、何点だと思う?』というLINEと食事の時に撮影した私とのツーショットが送られてきました。友達に送ろうとして誤爆したそう。女性の顔に点数を付けようとするなんて最低」(25歳/美容関連)

喧嘩に発展し、その後、ブロックしたそうです。女性に点数を付けようとする時点でいい男ではなさそう。付き合う前に本性が分かってよかったです。

(2)弟に喧嘩を売ったら彼から本音がポロリ

「弟がいつも部屋を散らかして我慢の限界に。『前から思ってたんだけど片付けて!部屋が汚なすぎる』とLINEを送ったら、彼氏に誤爆。しかも、『〇〇の部屋の方が汚い!部屋が汚い〇〇にだけは言われたくねーわ』と返信が。間違ってLINEしてしまったのは悪いけれど、こんな本音で返ってくるとは思わず、喧嘩勃発」(27歳/アパレル関係)

自分宛てだと思った彼は本音で反撃! まさか自分の部屋の汚さを指摘されてしまうとは……。

(3)残業なのに今からデート?

「彼氏から『今日、残業になった』とLINEが来たので、応援LINEを返そうとしたらその直後に『今から迎えに行くね』とLINEが。浮気だと察して、『残業なのにどこに迎えに行くの?』と皮肉を返したら『今から残業で、社内の人と同行の営業なんだよ』と言い訳LINEが。嘘に嘘を塗り重ねる、彼の人格に怒り心頭!」(30歳/不動産)

言い訳や嘘がポンポンと出てくるということは日頃から嘘をつくような人かもしれません。その後、喧嘩別れをしたそう。その判断間違っていませんよ!

(4)同僚からの裏切り

「部長に食事に誘われたので、同僚に聞いたら『一緒に断ろうよ』と言われたので、そのままLINEで断りました。でも後日、『部長、今日は食事楽しかったです!また行きましょうね』と断ると言っていたはずの同僚から誤爆LINEが。私には断らせて、自分だけ気に入られようとしている魂胆が見え見えでそこから喧嘩に」(26歳/保険)

自分だけ隠れて部長に媚を売ろうとしていたようです。一緒に断ろうと同盟を組んでおきながら抜け駆けだなんて……なんて卑怯な手口なんでしょう。今後一緒に仕事をしていくのが少し苦痛かもしれません。

誤爆LINEは縁も揺らがす爆弾のようなもの

知りたくなかった内容を誤爆によって知ってしまう……。騙された気分になりますよね。誤爆LINEの内容によっては今後の付き合いを考えましょう。

書いたのは

出典: 美人百花.com

美泉菜月さん

恋愛心理士、恋愛アドバイザー、メンタル心理カウンセラー。年間1,000人以上の夫婦を円満に導く夫婦アドバイザーとしても活躍。

元記事で読む