1. トップ
  2. ファッション
  3. 小ささも使い勝手も大切!シンプル派の大人女子におすすめミニ財布4選

小ささも使い勝手も大切!シンプル派の大人女子におすすめミニ財布4選

  • 2021.9.26
  • 14838 views

実りの秋に手にする財布は縁起がよいとされていることから、新しい財布をお探しの方も多いのではないでしょうか?応援購入サービス「Makuake(マクアケ)」では、さまざまなメーカーや作家さんによる工夫に溢れた財布が期間限定で販売されています。今回は4つのおすすめのミニ財布をピックアップしてご紹介。

収納力と出し入れのしやすさを求めるなら「Leggema」

コンパクトでも現金がしっかり入り、出し入れがしやすいものがよいという方に手にしていただきたいのが、二つ折り財布「Leggema(レッジーマ)」です。商品名は、イタリア語で「軽快な」を意味するLeggeroと、「手のひら」を表すPalmaの組み合わせ。横幅9cm×縦8cm×厚み2.5cmのコンパクトさで、手早く会計が済ませられるようにとも考えられたアイテムです。

中を開くと、手前の下方に小銭入れが、その後ろ側にカード収納があります。さらにその後ろ側と、上部にある斜めのポケットのような部分にお札を挟むようにして入れられる設計。
小銭は約30枚、カードは約8枚、お札は約20枚収納でき、すべて財布の向きを変えることなく手に取れるようになっています。中身が見やすく取り出しやすいので、支払い時の動作がにスムーズに。

機能だけではなく、デザインの美しさにも注目してください。
高品質なボレロという革が使用されており、エンボス加工による細かな凹凸と艶が上品。内側のお金が触れる部分には同じ種類のブラックのレザーを使用していて、汚れが目立ちにくくなっているのも嬉しいところ。

カラーは全部で6色。ブラック、ネイビー、ブラウン、キャメル、グレージュ、レッドから選べます。「Makuake(マクアケ)」での販売期間は11月29日(月)までです。

薄くて軽いシンプルな財布が良いなら「miTEM」

とにかく薄くて軽いシンプルな財布がいいという方へのイチオシは、ミニマリストがミニマリストのために考案したという財布「miTEM(ミテム)」。横幅10.5cm×縦9cm×厚さ1.2cmのコンパクトさでありながら、鍵の収納部分も備えていて、これひとつで出かけられるように作られています。

開くと左側にカード収納、右側に鍵の収納、その奥にお札入れがあります(写真左)。カード収納は、本当に必要な3枚に絞り、1ポケットにつき1枚ずつ入れるかたち。お札入れは中央にスリットがあるおかげで、中身が取り出しやすくなっています。

小銭入れはというと、鍵の収納部分の下のフラップをめくったところに(写真右)。浅いポケットに挟むように入れると、999円分がきっちりと収まります。小銭をなるべく持ち歩かないよう意識している方に合う、無駄を削ぎ落したサイズです。

外側にもポケットが1つあり、ICカードなどを入れればタッチ決済ができるようになっています。カードがすっぽり覆われる深さで、見た目の邪魔にならないのもポイント。
内外のカード入れに計4枚、お札10枚、小銭15枚、鍵1個を入れても、厚みはたったの2cmほどで、服のポケットに入れても邪魔になりません。

こちらのカラーは潔くブラック1色。販売期間は9月29日(水)までと終了間近なので、気になる方はお早めにチェックを。

革ならではの質感や経変変化を楽むなら「botte」

小さな財布でも、味のある革の素材感を楽しめるものがいいという方へのおすすめは、素朴でナチュラルな雰囲気の「botte(ブーテ)」。横幅11.5cm×縦8cmの手のひらサイズのフラップ付き財布です。
素材には、東京・蔵前で稀少性の高い革を取り扱うお店「KAWAMURA LEATHER」から仕入れた、イタリアのロ・スティバーレ社の「REVERSO(リベルソ)」という革が使用されています。

REVERSOは、皮を革に加工する鞣し(なめし)の工程で、植物の渋を使う植物タンニン鞣しという手法が取られ、革の質感が残りやすい染料で仕上げられています。そのため、細かなシワのようなシボが多く、場所によってはツルツルスベスベとしているなど、表情が豊か。使えば使うほどに色艶が増していきます。
さらに、革の床面(裏側)に特殊な加工を施し、そちら側も表として使えるようにしてあるのも特徴。そのためこの財布は小銭入れの内側部分が滑らかで毛羽立ちにくく、汚れにくいのも感じられるはず。

フラップを開いた内側は蛇腹状に3つの収納部分に分かれており、それぞれにお札を5枚、小銭を15枚、カードを5枚入れられるようになっています。横から見ると丸みを帯びたころんとした形がかわいらしく、愛着を持って長く使えそう。

こちらは本体のカラーは一色ですが、金具がゴールドかシルバーかを選べます。完成品以外に、手作りできるキットや、好きな革で作れる型紙も販売中。芸術の秋に、おうちでハンドメイドを楽しんでみてはいかがでしょう?販売期間は10月6日(水)までです。

ときどき現金も持ちたいキャッシュレス派には「signore」

普段はキャッシュレス派でも、たまに現金しか使えないお店に行ったり、出張や旅行のときは現金を多めに持つことがあったりと、そのときによって変化する方もいるのではないでしょうか。それなら、「signore(シニョーレ)」を使ってみませんか?
こちらも、縦11cm×横幅8.5cmの小さめ財布。見た目はシンプルですが、作りが個性的で、シーンに合わせてカスタムが可能なアイテムなんです。

signoreは小銭入れやカード収納などのパーツが1本のネジで留められており、動画のようにスライドさせて必要な収納部分を引き出し、中身を取り出せる仕組み。お札は隙間からワンタッチで引き出すこともでき、しまうときはホックを外してパーツを動かせば、きれいに揃えて収納可能です。

さらにこちらは、ネジが3種類(25mm、20mm、15mm)付属し、長さを変えて付け替えれば、各収納部分のパーツを好きに組み合わせることができます。
例えば25mmのネジなら、小銭入れや扇型カードケース(9枚分)、カードケース(2枚分)のすべてをセットでき、大容量に。お札を20枚、小銭を15枚、カードを計11枚入れることができます。逆に最も短い15mmなら、扇型カードケースだけを留めるなどし、薄い状態での持ち歩きが可能。
必要に応じてパーツを入れ替え、適したサイズで持ち歩ける、ほかにはない財布です。

こちらのカラーは、ブラック・チョコ・パープル・ブルー・グリーン・イエローの6色。販売期間10月11日(月)までとなっています。


それぞれ異なる特徴のあるミニ財布を4種ご紹介しました。どれも、応援購入サービス「Makuake」で期間限定での販売です。秋からの相棒となるとっておきの財布をぜひ手にしてみてくださいね。

writer / まどか

元記事で読む