1. トップ
  2. おでかけ
  3. 「1年間で最も品質改善した空港2021」ランキング! 2位「広州白雲国際空港」、1位は?

「1年間で最も品質改善した空港2021」ランキング! 2位「広州白雲国際空港」、1位は?

  • 2021.9.24
  • 3855 views
「全体の品質に最も改善がみられた空港部門」ランキングTOP3を紹介します。
「全体の品質に最も改善がみられた空港部門」ランキングTOP3を紹介します。

世界の空港格付調査を行っているスカイトラックスは8月5日、「ワールドエアポートアワード2021」を発表。2020年8月~2021年7月に実施した本調査では、世界の100を超える国々の利用客が参加し、500以上の空港がエントリーしました。

今回は、過去12カ月の間に「全体の品質に最も改善がみられた空港部門」ランキングTOP3を紹介します。

第3位:ウィリアム・P・ホビー空港(Houston Hobby)

3位は、テキサス州ヒューストンの「ウィリアム・P・ホビー空港」でした。

ヒューストンのなかでは最も古い空港であり、現在は国内線をメインにビジネスジェットや自家用機の発着などに使用されています。

第2位:広州白雲国際空港(Guangzhou)

2位は、中国広東省にある「広州白雲国際空港」でした。

同国内においては北京首都国際空港、上海浦東国際空港と並び3大空港の1つに数えられる国際空港です。日本からの直行便や東南アジアへのアクセスが多く、旅行先や出張での乗り継ぎに利用することも多い日本にも馴染みのある空港です。

第1位:イスタンブール空港(Istanbul)

1位は、トルコの「イスタンブール空港」でした。イスタンブールのヨーロッパ側に位置する国際空港。

アタテュルク国際空港、サビハ・ギョクチェン国際空港に次いで3番目の国際空港として建設され、2019年4月にはアタテュルク空港のすべての旅客便運行を引き継いでいます。将来的には利用者2億人規模まで拡大する予定です。

文:斉藤 雄二

元記事で読む