1. トップ
  2. ファッション
  3. 「適当に着る」正統派のシャツ:知っておきたい3つの傾向

「適当に着る」正統派のシャツ:知っておきたい3つの傾向

  • 2021.9.22
  • 1013 views

秋の始まりらしい気分の移ろいは、上品さを保てるシャツ&ブラウスからスタート。とはいえ去年と同じではつまらない。正統派シャツに「今」の気分を上乗せするための選び方とアレンジ法をナビゲート。

 TOPIC 01 
(新たに新調するなら)
甘い色でメンズ的シャツ
正統派のお堅いシャツはビッグシルエットでカジュアルに投入。リラックスした形を生かせばカラーシャツも力みなくとり入れやすい。おすすめは穏やかなイメージづくりに適した暖色系。

STYLE 01. 
「ハリのあるシャープなブラウン」


濃色ブラウンと淡いピンク。
配色でヴィンテージライクに

メンズライクなシルエットで肩のラインが落ちるため、深色のまじめなシャツに隙が生まれる。奥行きをつくる色&サイズ感で、細身パンツをいっそうきゃしゃ見せ。

STYLE 2.
「甘さをおさえるストライプ柄」


黒の迫力を緩和する
BIGサイズのペールピンク

ブーツの出番が多くなる季節、下に向け重みが増すため、淡い色が今一度必要に。細いストライプをほどこした、辛口なピンクシャツなら、フレアスカートとの糖度の高い合わせもほどよく整う。

 TOPIC 02 
(正統派の手数を増やす)
細身の白シャツに「+α」
発色のいい色やジュエリーのきらめきなど。新しさを受け入れるため、アレンジしがいのあるベーシックな白に再注目。コンパクトな白シャツのスマートさに頼れば、少々要素を盛りつけてもトゥーマッチにならない。


STYLE 1.
「アクセサリーで飾る」


スマートな白に
大ぶりなアクセを掛け算

ビッグピアスにネックレスの重ねづけ。顔まわりをデコラティブに飾ってもスリムな白シャツだから、冷静な表情を保てる。さらに手元にもアクセサリーを加算するなら、そではたくし上げてすっきりと。


STYLE 2.
「高発色な色を小さく差す」


コンパクトなフォルムどうしで
新たな配色を試す

今シーズン多彩な高発色なカラータートル。細身のシャツの下からのぞかせる程度なら、派手な色も収まりがいい。デニム+白シャツの見慣れたコンビとならベーシックの延長で、気楽にチャレンジできる。


TOPIC 03
(着方でおかたさを緩和)
大きな白シャツをゆるく着る
アイテムそれ自体にまじめなイメージがある白シャツは、BIGサイズをリラクシーに着るだけで目新しく。着方をゆるめても品が保てる、ワンピースやキレイ色を相棒に。

STYLE 1.
「カーディガンがわりにはおる」


ハリのあるシャツで
ワンピースのゆるみを止める

とろみのある流れのいいワンピースには、ハリ感のあるシャツをカーディガンがわりに採用。長め丈で縦を強調できるから、ゆるい形どうしでも引き締まる。


STYLE 2.
「気楽なボトムでリラックス」


あったかいパンツで
ワントーンスタイルを攻略

ニットパンツ×ドレスシャツ。ソフトとハードな生地感の組み合わせなら、白に近い色みのやわらかな同系色スタイルもぼやけて見えない。パンツは細めでスラリと。

✓コーディネートした服のプライスを見る

元記事で読む