1. トップ
  2. メイク
  3. イタ見えメイクと垢抜けメイクは紙一重!アラサー女子のNGメイクを今っぽメイクにするコツ3選

イタ見えメイクと垢抜けメイクは紙一重!アラサー女子のNGメイクを今っぽメイクにするコツ3選

  • 2021.9.22
  • 66507 views

こんにちは!メイクアップアーティストの園佳子(そのよしこ)です。今回は、アラサー女子に向けた垢抜けメイクのポイントをご紹介します。メイクをし始めてから何年も、そんなにやり方を変えてない…という方にぜひ読んでいただきたいです。

NGポイント①目を大きく見せたいからと「濃すぎるアイメイク」をする

目を大きく見せたいからといってただ濃いだけのアイメイクにすると、目が小さく見え、逆効果になります。

例えば、アイラインを二重幅がなくなるくらい太く描いたり、マスカラを何度も重ね付けして束になっていたり、アイラインを囲んでしまったりなどがNG例として挙げられます。

垢抜けアイメイクにするポイントは「抜け感」です!

アイシャドウはあえて単色でグラデーションを作る程度にしたり、アイラインも目のキワを埋める程度にしたり、マスカラもコーミングして一本一本がセパレートするように作るなど、あえて少し抜くようにしましょう。

少し変えるだけでも透明感が出て柔らかい印象になりますし、しっかり目を大きく見せることもできますよ。

NGポイント②自分の肌色に合っていない色を使う

同じ肌色でも黄みよりな肌色、青みよりな肌色があるので、自分の肌色に合わないカラーを使うと浮いて見えてケバく見えてしまうことも。

このカラーのアイシャドウを使うとなぜか顔色が悪く見えたり、派手に見られやすい…というカラーがあれば、それは自分の肌色に合っていないカラーかもしれません。

ブラウンのアイシャドウでも、グレイッシュなブラウンだと青みよりな肌色でもつけやすいので、自分の肌がどっちよりなのかを見極めてアイシャドウの色味を選ぶのがおすすめです。

もし自分の肌の色味がどうなのか分からないという方は、パーソナルカラー診断などを受けてみるのも◎。

NGポイント③ラメシャドウのみでアイメイクを仕上げてしまう

ラメシャドウはベースの色味の発色が弱いものが多いので、ラメシャドウのみでアイメイクを仕上げるとあまり美しく見えません。

ラメシャドウを使う場合は光が当たる箇所にポイント的に使って、ベースの色はパール系やマット系で作るのが垢抜けポイントです。

ベースカラーを仕込んでおくと、乾燥してシワっぽく見えやすいまぶたもキレイに見せることができます。目元の小じわが気になりやすいアラサー女子には特におすすめのテクニックです。

いかがでしたか?自分のファッションやヘアスタイルもどんどん変化していくので、それに合わせてメイクもチェンジできるステキ大人女子を目指しましょう!

元記事で読む