1. トップ
  2. ダイエット
  3. [2週間チャレンジ] 1日10分 「美人足サンダル」をはいたら、むくみと脚の中心に変化あり!

[2週間チャレンジ] 1日10分 「美人足サンダル」をはいたら、むくみと脚の中心に変化あり!

  • 2021.9.20
  • 8863 views
美人足サンダル

足のむくみの原因って何?

張ったような感じがあり重だるいと感じる足のむくみ。
朝は足首があったのに夕方にはひと回り太くなっている…と感じたこともあるのではないでしょうか。

むくみの原因は「冷え」「運動不足による筋力の低下」「ゆがみ」が代表的で、足裏は全身の代謝を高めるツボが密集していて、ふくらはぎや太ももの筋肉は下半身にとってポンプの役割となるのでとても大事な場所です。
わかっていても、なかなか運動が続かないし、温めてもすぐに冷えるといった声も多いですよね。

ほかにもこういった特徴に当てはまることはないですか?
・靴のかかとの内側が減っている
・親指や人さし指、中指の根もとにタコがある
・昔より扁平足になってきた
・足が平べったく、横幅が広い
・親指のつけ根が出っ張っている
・O脚やX脚に悩んでいる
・階段を降りるときひざが内側を向く
・猫背や反り腰、またはその両方
・いつも脚がむくんでいる
・陸上競技やサッカーなど激しい運動をしていた、またはしている

私は3つ当てはまりました!
こういった特徴もゆがみのサインやむくみの原因となるため、今のうちにケアしておくことが大切です。

「美人足サンダル」って、どんなサンダル?

美人足サンダル

「美人足サンダル」とは、理学療法士・義肢装具士の小野晴康さんが監修しており、小野さんが推奨するマッサージ法「ミオドレナージ」通称「ミオドレ」は理学療法の理論をベースに誕生し、筋肉(ミオ)をデトックス(ドレナージ)するマッサージ法は美しいボディを目指す人や故障に悩むアスリートにも支持されています。
これらをふまえて、毎日の立ち方、歩き方による足の重心の位置が変わらなければ結局元に戻ってしまうということから考案されたのが「美人足サンダル」です。

美人足サンダル中ページ誌面

・外反母趾がラクになる
・O脚X脚、脚のゆがみを改善
・脚のむくみ、重だるさがとれる
・下半身太りがすっきり
・足の疲れが軽くなる
・扁平足が改善してキレイなアーチが復活
・猫背、反り腰が改善して美姿勢に

はくだけで、あらゆる脚の悩みを改善に導きます。

美人足サンダルのパーツ説明

くすみラベンダーとシャーベットグリーンのカラーリングで、上から見ると、
1.縮んだ親指が伸びて、親指が内側に向くのを防ぐ親指誘導エッジ
2.横のアーチの再構築を促す約6cmの固定バンド
3.どんな足幅にも対応する面ファスナー仕様
4.うしろ重心に導くかかとなし構造

横から見ると、
5.斜度約35度のななめソールで脚の裏面をストレッチ
6.自然に外側体重を促す土ふまず誘導アーチ
7.かかとなし構造なので22.5cm〜28.0cmまで使用可能
になっています。

「美人足サンダル」を実際にはいてみた!

美人足サンダルのアップ

美人足サンダルのはき方
1.バンドのついたソールの穴にエッジをはめ、くるっと回し、しっかり奥まではめます。
2.面ファスナーをはがし、エッジを親指と人さし指の間にはさみ、指の根もとを覆うようにバンドを引っ張りながらファスナーをしっかり密着させる。

美人足サンダルを装着する

3.かかとに床がついた状態で、土ふまずに自然なアーチができ、足の内側より外側に重心がのっていれば正しくはけている状態です。

美人足サンダルを履いた

実際にはいた姿は以下のような感じです。

美人足サンダルはいて前・横・後ろ姿の脚を撮影

ちなみに、美人脚サンダルをはく前とはいた状態でも比較してみました。

美人足サンダルをはく前とはいたあと

はいた直後はかかとが床につき、足の外側に重心がかかるのが不思議な感じでしたが、それだけ日ごろ重心が前にかかっていることを実感しました。
またはく前はふくらはぎ全体がベタッと広がるような感じがありますが、はいたあとはキュッと中心に引き締まっているように見えます。

美人足サンダルをはく前とはいた後の横から撮影

横からみてもわかるように、傾斜がついているため、自然にふくらはぎが伸びる感じがありとても気持ちよいです。
私は足の甲が横に広いタイプなので、バンドの着圧と土ふまずのアーチが持ち上げられる感じがとても気持ちよく感じました。

「美人足サンダル」をはいてエクササイズにチャレンジしてみた!

「美人足サンダル」ははいて1日3〜10分立つだけでもよいそうですが、もっと美人足になるエクササイズも掲載されていたので実践してみました!

私は体が硬いうえに、長時間のデスクワークによる猫背や背中のこり、反り腰、むくみが気になるので前屈にチャレンジ!

1.美人足サンダルをはき、背すじをまっすぐ伸ばして、足と足をこぶし1個ぶんほど開けて立ちます。

2.脚の裏側が伸びるのを感じながら、曲げられるところまで前屈をして、息を止めずに3呼吸し、もとに戻すを3回行います。

美人足サンダルはいてエクササイズ

太ももの裏、ふくらはぎの裏がグッと伸びる感じがあり、効いてる! って感じです。デスクワークの合間にも実践中です。

さらに、むくみ脚を軽くするアキレス腱伸ばしもやってみました!

1.美人足サンダルをはき、足を前後に開いて立ちます。

2.あごを引き、背すじを伸ばして、肩から腕を外に回し、手のひらは前を向けて体の横に。

3.前に出した脚の上に体重をのせるように上体を前に。うしろの脚の裏側が伸びるのを感じながら、自然呼吸で30秒キープ。反対側も同様にくり返す。

美人足サンダルをはいてアキレス腱伸ばし

太ももとふくらはぎの裏側が伸ばしながら、上体をのせると、腰回りもラクになるのでおすすめです。

美人足サンダルの表紙

「美人足サンダル」が入っている箱とムック本が一体化になっていて、今回ご紹介したエクササイズのほかにも、エクササイズやマッサージ法がわかりやすく掲載されているのでとても参考になります。

「美人足サンダル」を2週間続けたら、むくみと脚の中心に変化があらわれた!

ビフォーアフターの比較画像

私はデスクワーク中に「美人足サンダル」をはきっぱなし、休憩ついでにエクササイズをとり入れていました。

2週間とり入れた結果、自分では気づいていなかったのですが、ビフォーとアフターを見比べて見ると、若干O脚ぎみのようにふくらはぎが外側に広がっていたのがぎゅっと中心に寄り、骨のラインが整ったことに驚きました。

ビフォーアフターの比較画像

足首のかたむき方がまっすぐになり、ぼてっと広がったふくらはぎがシャープになっています。

土ふまずやふくらはぎが伸びて気持ちがいいし、むくみの重だるさや張った感じもすっきりして、最大の原因となるゆがみまで整えてくれるのはすごいと実感したので、引き続き、使い続けたいアイテムです。

むくみや疲労感、脚の形などに悩んでいる人はぜひ、参考にしてみてください。

元記事で読む