1. トップ
  2. ヘア
  3. 30代の白髪対策「タイプ別のおすすめの髪型」3つ

30代の白髪対策「タイプ別のおすすめの髪型」3つ

  • 2021.9.19
  • 12089 views

ある日鏡を見ていたらキラッと光る白髪を発見! よく見てみたらほかにもちらほら…。人には話しにくい30代の白髪悩みはそう、突然やってくるものです。そこで白髪のタイプ別にカモフラできるヘアスタイルをご紹介します!

まずは自分の白髪タイプを診断

まずは自分の白髪の出方をよくチェックしてみて。タイプ別におすすめの目立たなくさせる方法があるので、しっかり把握することが、白髪悩みを解決する第1歩です。次のA、B、Cの中から自分がどのタイプに該当するかを診断してみてください。

白髪チェックリスト
A
□分け目に集中している
□トップのピンとしたアホ毛が白い
B
□生え際に多い
□こめかみ付近にまとまって出る
C
□後頭部、耳後ろに生えてくる(人に言われて気づくこともしばしば)
□髪をめくるとちらほらある

Aに該当する人
分け目やトップに多い→表面にキラリ型
Bに該当する人
生え際やこめかみに多い→顔周りにちらほら型
Cに該当する人
後頭部や内側に出てくる→全体にパラッと型

それでは、それぞれのタイプ別のおすすめの髪型を紹介します。

1.顔周りにチラホラ白髪が出るタイプの人は

顔周り白髪のカモフラには「前髪&ハイライト」が有効
ふんわり前髪で隠しつつ、ハイライトでぼかして

Front

生え際やこめかみの白髪は、前髪を柔らかく下ろして隠すのがベター。さらに細かいハイライトを入れることで近くで見たときも目立ちにくくなります。

Side

ハイライトを入れるのは、白髪の出てくる顔周りとハチ周りでOK。細かく入れたイエロー系のハイライトが肩先で揺れるカールをきれいに強調してくれる効果も。

Back

全体はナチュラルな温かみのあるブラウンカラーに。ハイライトのおかげで立体感が出るのでヘアスタイルも決まりやすく、ふわっとしたカールを楽しめます。

2.全体的に白髪が目立つタイプの人は

全体のまばら白髪のカモフラにはインナーカラー
インナーのオレンジで目線を逃がして

Front

どこか1カ所ではなく全体にパラパラ白髪が出るタイプは、ちょっぴり攻めのデザインで目線を白髪から外すのがベター。襟足からスッと出てくるインナーのオレンジが効いています。

Side

顔を包み込むような毛流れとインナーカラーがリンク。ふんわりとした立体感が出るので、白髪のカモフラ効果もさらにアップ!

Back

カラーの工程としてはこめかみと耳上、襟足の内側の毛束を取り出し、ブリーチして明るくします。その上から全体にカッパーの色味をかぶせてツヤめきをオン。

3.表面に白髪がキラッと光るタイプの人は

表面のキラキラ白髪のカモフラにはハイトーン
明るいグレージュカラーで白髪目立ちゼロに

Front

どうしても目立ちやすい表面の白髪対策には、髪全体の明るさを上げるのがいちばん。シルバーとナチュラルブラウンをミックスしたグレージュ系なら、キラキラと浮くのをセーブして品のよい仕上がりに。

Side

明るい髪色が浮かずに肌なじみがよい秘訣は、ナチュラルブラウンをミックスしたおかげ。襟足は表面よりも少しトーンを落として自然な陰影を与えます。

Back

明るくてもパサつきを感じさせない仕上がり。トップに段差をつけて動きを出すことで、白髪を目立ちにくくする効果もあります。

教えてくれたのは…EMBELLIR鈴木富美子さん

表参道の美容室「アンベリール」主宰。毛髪診断士の資格をもち、デザインのみならず美しい大人の髪作りをサポートしてくれます。ヘアメイクアーティストとしても活躍。

撮影/齋藤裕也(t.cube) ヘアメーク/鈴木富美子(EMBELLIR) 取材/薄葉亜希子 再構成/ガヤ美(CLASSY. ONLINE編集室)

元記事で読む