1. トップ
  2. 恋愛
  3. 星座で占う♡「赤い糸で結ばれている男女」10選

星座で占う♡「赤い糸で結ばれている男女」10選

  • 2021.9.17
  • 31597 views

いつか結ばれる男女は、見えない赤い糸で結ばれているといいます。

そんな運命の男女を12星座別に10選、ピックアップしました。

出会ったら最後、ふたりの運命が動き始めるでしょう。

てんびん座(9/23~10/23)女性×みずがめ座(1/20~2/18)男性

【赤い糸は決して切れない】

ふたりとも感情的になることが少ないタイプです。

とても淡々としたふたりですが、知的でお互いが尊敬し合えるような赤い糸で結ばれ、深い信頼関係が築けそう。

赤い糸は決して切れないので、たとえケンカになっても大丈夫でしょう。

みずがめ座(1/20~2/18)女性×いて座(11/22~12/21)男性

【意外にも赤い糸な関係】

恋愛に淡泊なみずがめ座の女性と、移り気ないて座の男性。

意外にも赤い糸で結ばれた運命の相性です。

ただし、ふたりとも束縛が嫌いで、思ったことは自由に発言し合うので、裏切りや悲しみがやってくることも。

けれど、いつの間にか乗り切り、また一緒にいるでしょう。

ふたご座(5/21~6/21)女性×しし座(7/23~8/22)男性

【運命の赤い糸がふたりの軸】

運命の赤い糸を軸に、お互いの欠点をカバーし合いながら、いつの間にか深い愛情で結ばれるふたりです。

どちらかが機嫌が悪ければ、相手は穏やかな気持ちで対応できそう。

一方が困っていれば、もう一方の相手は救いの手を差し伸べる……そんな関係を築けることでしょう。

やぎ座(12/22~1/19)女性×うお座(2/19~3/20)男性

【恋愛へと発展】

出会ったときから、赤い糸の存在を強く意識するでしょう。

どちらからアプローチするわけでもなく自然と会話は弾み、恋愛へと発展していくのは、赤い糸があるからこそ。

出会いの印象は、恋愛関係になってからも変化することはありません。

おとめ座(8/23~9/22)女性×かに座(6/22~7/22)男性

【赤い糸は太い】

「家庭的」という、同じ匂いを感じる星座どうし。

居心地の良さから穏やかな愛へと、ゆっくりと移行していくでしょう。

気持ちを確かめ合うまでに時間がかかりますが、焦る必要はありません。

運命の赤い糸は太く、切れる心配はないでしょう。

さそり座(10/24~11/21)女性×やぎ座(12/22~1/19)男性

【赤い糸で結ばれた運命】

「好きだ」とお互いに認識したら、激しく愛情をぶつけ合うでしょう。

愛情だけでなく、信頼関係も築きやすそう。

万が一なんらかの障害があって別れの危機があったとしても、乗り越えて再び愛し合う、まさに赤い糸で結ばれた運命といえるでしょう。

おうし座(4/20~5/20)女性×やぎ座(12/22~1/19)男性

【価値観がだいたい同じ】

赤い糸の運命は、今世だけでなく前世から約束されていたかのような相性のふたり。

呼吸はぴったりと一致しています。

価値観がだいたい同じでもめることがないのも、赤い糸のおかげでしょう。

ふたりにとっては、モラルも常識も障害にはなりません。

しし座(7/23~8/22)女性×おひつじ座(3/21~4/19)男性

【高め合うふたり】

赤い糸はすでに固く結んである状態です。

情熱的でパワーがあるふたりなので、付き合ってからは切磋琢磨しながらお互いを高め合う関係がベスト。

冷めやすくもあるので、なるべく離ればなれは避けましょう。

うお座(2/19~3/20)女性×さそり座(10/24~11/21)男性

【赤い糸はより合わさる】

赤い糸は、細いところを補足し合うように、固くより合わさっていきます。

愛し合うことで男性の社会的な地位は確立され、女性も素晴らしく成長するという、運命の相性でしょう。

かに座(6/22~7/22)女性×さそり座(10/24~11/21)男性

【結びつき合っている】

赤い糸が、ふたりの身体をがっちりと結び合っているようです。

もし出会って付き合えば、いつでもどこでもラブラブ。

甘えて甘やかしてで、まわりが引くほどです。

相手の欠点さえも魅力に感じるので、世界中が敵に回っても、誰にも止められないでしょう。

運命の人と出会うときまで…

どんな境遇にあろうとも、運命の赤い糸でつながっているふたりは結ばれるといいます。

しかし、つながっていても、出会いはいつになるのか……。

出会いのチャンスは大切です!ぜひ、占いを活用して、そのチャンスをつかんでくださいね。

(明石実夕/占い師)

(愛カツ編集部)

元記事で読む