1. トップ
  2. おでかけ
  3. 異国情緒あふれる港町〈神戸メリケンパークオリエンタルホテル〉にステイ。

異国情緒あふれる港町〈神戸メリケンパークオリエンタルホテル〉にステイ。

  • 2021.9.17
  • 4293 views

神戸屈指の観光スポット神戸港。美しい港町の景色に溶け込むように佇む〈神戸メリケンパークオリエンタルホテル〉は、宿泊はもちろん、グルメスポットや結婚式場としても人気のホテルです。そんな白亜のリゾートホテルで1泊2日の優雅なステイを体験してみませんか?

全室オープンテラスを完備!270度海に囲まれた魅力的なロケーション。

白い波をイメージした、なだらかな流線型のデザインが美しい〈神戸メリケンパークオリエンタルホテル〉は、神戸港のシンボル「神戸ポートタワー」や移りゆく港町の美しい風景を眺めながら過ごせます。ホテルの近くにはSNSで話題のフォトスポット「BE KOBE」が設置されているなど、最も神戸らしさを感じられるエリアでのステイに心が躍ります。

同ホテルはバリアフリーに配慮した設備とサービスが整っている。
ロビーの噴水や素敵なソファーが海外のホテルのように優雅。
ロビーや吹き抜けが素敵。

エグゼクティブルームに宿泊すると「エグゼクティブラウンジ」が利用できる。

「エグゼクティブルーム」に宿泊の場合、神戸の海や異国情緒ある神戸の街並みを見渡せる専用ラウンジが利用できます。落ち着きのあるモダンな空間で、飲茶スタイルのアフタヌーンティーなどが楽しめるなど、エグゼクティブならではの優雅なひと時が過ごせます。チェックインをしたら、さっそくラウンジへ。

海に面したラウンジで、ゆったり過ごせる。
ソファ席もあり人との距離もゆったり。
広々としたラウンジでは特別感も味わえる。

「エグゼクティブラウンジ」は朝食、アフタヌーンティー、カクテルタイムとして、7:30〜11:00 / 14:30~16:30 / 17:30~19:30の3部に分かれていて、全ての時間が利用できます。ラウンジの中央にはセルフで楽しめるドリンクバーやフードがズラリ。

好きなデザートを組み合わせた「アフタヌーンティー」が楽しめる。
エグゼクティブラウンジでは風味にこだわった生コーヒーを提供。その他のドリンクもセルフサービスで好きなだけ味わえる。

着席すると蒸篭で蒸したての点心がテーブルに運ばれてきます。外の景色を眺めながら、熱々の点心を頬張れば、中華街がある街「神戸」らしさを満喫できました。

時間や見る場所によって景色が違って見える客室。

同ホテルは、客室の全てに広々としたバルコニーが付いています。きらめく海や街のイルミネーション、六甲山系の山々など、どの方角の客室からも神戸らしい風景広がります。
その他、4つの個性豊かなレストランやホテルシェフこだわりの朝食、こだわりのオリジナルアメニティの設置、全室にエアウィーヴを完備。今回は更にリゾートステイを満喫できる特典つきの「エグゼクティブルーム」をご紹介します。

写真のお部屋は「デラックスツイン ウエストビュー」。木目やオフホワイトでまとめられたチュラルな色合いのインテリアを基調に、ゴールドをさし色に取り入れた、シンプルで落ち着いた客室です。
お部屋が位置する場所により外の景色やお部屋のタイプが変わります。

バスからは外の景色も眺められる。
湯沸しポットやコーヒーマシンなども設置。
全ての客室にバルコニーを完備。
客室には、和漢植物エキスを配合したこだわりのオリジナルアメニティを設置。
柔らかで着心地の良いワッフル生地のルームウェアが嬉しい。

こちらのお部屋は「スーペリアツイン」。ナチュラルなお部屋と違い、真っ赤なヘッドレストが印象的なお部屋です。

くつろぎのシーン演出するリゾート空間を満喫。
好きな映像を流してのんびり過ごすのも。
水平線を望むバスルーム。
ゆるやかに流れる、非日常のひととき。
テラスで行き交う船や汽笛を聞きながら過ごすと、船旅気分も楽しめる。

こちらのお部屋は今回私がステイした「スーペリア ツイン サウスビュー(7F)」です。シックなインテリアが爽やかでとても居心地が良かったです。

朝までグッスリと眠れた心地よいベッド。
シャワーブースも完備。
朝と夜、違った景色を眺めながらのバスタイム。
冷蔵庫にはドリンクが冷えている(有料)。

エグゼクティブルームにステイする場合は、神戸ならではの味が堪能できる専用ラウンジやジム&プールなど多彩な利用特典がつきます。

【エグゼクティブルーム特典】
・エグゼクティブラウンジの利用
・「VIEW BAR」1ドリンク&チャージ 無料サービス
・朝食はランチ(ブッフェ) or ルームサービスに変更可能(要前日予約)
・専用カウンターでのパーソナルチェックイン
・館内レストラン ・ショップ10%off
・プール&ジムの利用(18歳以上)
・神戸港内クルーズ船の利用優待
・レイトチェックアウト(通常11時のところ、12時まで利用可)

一面の海を見渡すロケーションの「スポーツクラブ Vivo」でリフレッシュ!

一面の海を見渡すロケーションにあるフィットネスクラブ「Vivo」は、普段は会員制。エグゼクティブルームを利用の場合は、「プール&ジムの利用」の特典が付いています。

ピンクの岩塩が敷き詰められた「岩塩ホットヨガ」。何だか痩せられそうな気がする。
観覧車や海を行き交う遊覧船を眺めながら走れるマシン。天気が良い日はテラスでも走れるそう。

リラクゼーションプールやサウナ、岩塩ホットヨガ、マシンを備えたトレーニングルームなど、さまざまなプログラムが体験できます。

サンセットを眺めながらカクテルタイムを楽しむ。

汗を掻いたあとはまたまた「エグゼクティブラウンジ」へ。17時半からは「イブニングカクテルタイム」が始まります。
着席すると、コンソメスープにビーフシチュー、カニクリームコロッケなど、神戸ならではの洋食を盛り合わせた一皿が運ばれてきます。神戸といえば「洋食」も名物。カップに入ったコンソメスープは、シェフの腕が光る一杯。凝縮された旨みが身体に沁み入ります。

緊急事態宣言中はノンアルコールのスパークリングワインを提供。

ここでしか味わえない鉄板の上のエンターテイメント!「ステーキハウス オリエンタル」。

ホテル内には、4つの個性豊かなレストランがあり、どのお店でも神戸らしさが感じられるグルメを味わうことができます。なかでも世界の美食家たちを魅了する「神戸ビーフ」をはじめとするこだわりの牛肉や厳選した旬の食材を提供する〈ステーキハウス オリエンタル〉がおすすめ。

「ステーキハウス オリエンタル」シェフの鍬先 章太さんは、素材の魅力を最大限に引き出しながら調理することはもちろん、サプライズのある調理法や美しさを追求した料理を提供。

料理の美味しさはもちろん、シェフとの会話も楽しめるので、お祝いや記念日など特別などのお食事スポットとして、地元の人からも人気だそう。

写真や動画が撮れるように気遣ってくれるなど、調理だけでなく接客も素晴らしい。

神戸ビーフなどの選りすぐりの和牛コースやイセエビ、鮑などの高級食材を取り入れたスペシャルコースも味わえます。牛肉か海鮮どちらかで迷った時は、両方味わえるコースが最適。シェフに相談するのもアリですよ。

「食前のお愉しみ」。
キャビアやフィンガーライムなど、普段味わえない味と出会える。
神戸は「粉物文化」。料理を通して神戸の食文化を楽しんでほしいと話すシェフ。
目の前でクルクルッと巻かれるクレープ包み。
「神戸ビーフのシチュー クレープ包み」。
とろける牛肉が堪らない。
「オリエンタルサラダ」。
ガーリックライスがおせんべいに??おこげを作ってくれる。
作ったおこげをのせたガーリックチャーハン。〆も絶品!
食後のデザートは洋ナシのソルベとチョコレートのムースが組み合わさった一皿。

夜景を眺めながらロマンティックな神戸の夜を過ごす。

ステーキハウスのお隣は、神戸の夜景をパノラマで望む絶好のロケーションが人気の「VIEW BAR」へ。バーではエグゼクティブルームの特典「ドリンク&チャージ無料サービス」が受けられます。

店内はオーセンティックな雰囲気。夜景が楽しめるオープンエアなテラス、フランクに楽しむスタンディングブースなどお好みのスタイルで、カクテルなどのお酒が味わえます。

外観照明はホテル全体が神戸の街の灯台となるようにと願いが込められており、神戸ポートタワーの「赤」、神戸海洋博物館の「白」の照明と同ホテルの「エメラルドブルー」と合わせて、トリコロールカラーになっています。
神戸ハーバーランドの「モザイク大観覧車」がカラフルに光る。
夜はお部屋のテラスからも夜景が見えてとてもムーディー。

ホテルの中から観る夜景も素敵ですが、メリケンパークから周辺の夜景を眺めながらのお散歩もおすすめ。特にホテル外観の照明は国内外で広く活躍する照明デザイナー石井幹子氏によるもので、阪神淡路大震災で傷ついた神戸の街や人々を癒す優しい光になる色合いの「エメラルドブルー」が採用されたそうです。

作りたての卵料理を提供。ラウンジでゆったり朝食を味わう。

翌朝は、落ち着きのあるモダンなラウンジで、身体に優しい食材を使用した朝食をいただきます。メニューは、平飼いで育てられた卵を使用したフライドエッグやエッグベネディクト、オムレツ、スクランブルエッグから選んでオーダーでき、無添加のハム、ベーコン、ソーセージなどが添えられて運ばれてきます。

オムレツと無添加のベーコン。
フレッシュなサラダやノンアレルギーのドレッシング、スーパーフードなど、ナチュラルでヘルシーな料理が並ぶ。
オーダーした卵料理と見合わせて朝食をカスタマイズ。
館内には神戸の食文化を感じられるビュッフェレストラン「テラスレストラン サンタモニカの風」も。

朝食は11時まで楽しめ12時のチェックアウトまでゆったり過ごせます。
「エグゼクティブルーム」の宿泊プランはホテルの中だけでも十分神戸を満喫でき、お籠りステイにも最適。また、 神戸の中華街・南京町や歴史・名跡などの観光地までの拠点としても便利な場所に位置しているので、女子旅などアクティブな旅にもぜひ。

〈神戸 メリケンパークオリエンタルホテル〉
神戸市中央区波止場町5-6
078-325-8111
公式サイト

元記事で読む