1. トップ
  2. 「情熱がなくなった」比嘉愛未“泉美”に押し寄せた喪失感の大きさ<推しの王子様>

「情熱がなくなった」比嘉愛未“泉美”に押し寄せた喪失感の大きさ<推しの王子様>

  • 2021.9.17
  • 102 views

比嘉愛未主演のドラマ「推しの王子様」(毎週木曜夜10:00-10:54、フジテレビ系) の第10話が9月16日に放送された。社員を思っての決断をした泉美(比嘉)にとって、その代償はあまりにも大きかった。最終回直前の切な過ぎる展開に衝撃が広がった。(以下、ネタバレがあります)

【写真を見る】航(渡邊圭祐)と光井(ディーン・フジオカ)は泉美(比嘉愛未)を救えるのか

泉美たちの会社が新たなスタートを切るが…

本作は、乙女ゲームを制作するベンチャー企業の社長・泉美が、ゲームのキャラクターにそっくりな航(渡邊圭祐)を理想の男性に育てるため奮闘する“逆マイ・フェア・レディ”な日々を描くロマンティックコメディー。

そう、ロマンティック“コメディー”のはずだったのではないか。第10話は思わずそんなことがよぎる、切な過ぎる展開だった。

光井(ディーン・フジオカ)と乙女ゲームを手掛ける「ペガサス・インク」を起業した泉美は、自分の理想通りのキャラクターを作り上げたゲーム「ラブ・マイ・ペガサス」を大ヒットに導いた。そのキャラクター“ケント様”にそっくりな航(渡邊)も、泉美によって注目されるクリエーターに成長した。

そんな中、泉美は社員たちの企画を実現させてやりたいと、売り上げの落ちていた「ラブ・マイ・ペガサス」のサービス終了=サ終という条件をのんで、十蔵(船越英一郎)が率いる大企業「ランタン・ホールディングス」の傘下に入る決断をした。

十蔵からモバイル・ゲームだけでなく、家庭用ゲーム機でプレイできるコンシューマーゲームも作りたいと提案され、士気が上がる社員たち。しかし、無理難題も押し付けられ困惑する場面も。

ところが、泉美は事業計画の作成を優先するように言われ、社員との距離ができてしまう。そして、コンシューマーゲームのための大事なプレゼンで失敗した泉美は、会社を辞める決意をした。

情熱を失くした泉美の切な過ぎる姿

これまで心の拠り所でもあった「ラブ・マイ・ペガサス」のサ終と、制作現場から離れたことへの戸惑い。経営者としての使命を果たすつもりが、できなかったことへの責任感。

「もう、情熱がなくなってしまったの。乙女ゲームのことがよく分からなくなった」

“推し”がいることへの熱い思いを語っていたころのいきいきとした表情が消え、泉美が吐露した胸の内はあまりにも切なかった。これまで丁寧に心情をすくいとってきた脚本だけに、今回の泉美の心が壊れていく描写もまた胸に迫った。

乙女ゲームの世界に居場所があったはずの泉美が受けた喪失感は大きい。「俺じゃ君の支えにならないのか」という、付き合い始めたばかりの光井の言葉が悲しく響いたほどに。

SNSには「まさかこんなことになるなんて」「今週つらすぎ」といった言葉が並んだ。また、“推し”を失うことへの共感も呼んだ。

一方で、泉美の異変を誰よりも察知していたのが航だった。成長を続けてきた航に期待を寄せつつ、泉美が居場所をもう一度見つけられることを願う。

第11話は9月23日(木)(夜10:20-11:14)に放送される。会社を辞め、姿を消した泉美。社長交代で混乱する社内に不穏な空気が流れる中、航はある希望を見つける。

(文=ザテレビジョンドラマ部)

元記事で読む