1. トップ
  2. レシピ
  3. ホクホク北あかりのポトフ!味付けは白だしだけですよ〜

ホクホク北あかりのポトフ!味付けは白だしだけですよ〜

  • 2021.9.16
  • 796 views

今回は、山形県東根市よってけポポラで産直野菜で売っていた、旬の北あかりを使って
ポトフを作りました。
(1袋130円でたくさん入っていました。とても新鮮でしたよ。)
仕上げに白だしが決め手となりました。
北あかりのホクホク感がさらに美味しくなりました。
作り方は簡単です。北あかりの特性を活かして、
弱火で、ほったらかしで煮ちゃいます(笑)

▼材料

・ 北あかり:適量
・ 人参:1本
・ ウインナーソーセージ:1袋
・ コーン缶:適量
・ 甘なんばん万願寺とうがらし:1本
・ 白だし:適量

北あかりは皮を剥き、芽をとります。(小ぶりなので、そのままで使用しました)
人参は皮を剥き、半月切りにします。
鍋に北あかり、人参、お水を少し多めに入れて煮ます。
北あかりに竹串をさして、柔らかくなっていたら、
ウインナーソーセージを斜め半分に切って、入れます。
ここで白だしを入れます。白だしは味を見ながら加えてください。
甘なんばん万願寺とうがらし、
(予め、甘なんばん万願寺とうがらしは、種を取り細かく切っておきます)
コーン缶を入れます。(なくてもOK)
一煮立ちさせます。
器に盛ります。

■ コツ・ポイント

北あかりは、中は黄色でクリジャガイモと呼ばれているようです。
甘みが強く、本来煮物というよりは、じゃがバターなどに適しているようです。
今回は、煮崩れしないように、火は弱めで、踊らないように加熱しました。
旬の食材で、美味しく調理できたと思います。

甘なんばん万願寺とうがらしと表示した商品で売られていたのは、
東北地方では、あまり馴染みのない万願寺とうがらしを辛くないですよ
と意味合いを込めていたのだと思います。
よく、お店の方に、これは辛いのと聞かれるそうです。
万願寺とうがらしのなかに、たまに辛いものがある時もあるそうです。
その時は熱を加えると辛くなくなるそうです。

暮らしニスタ/舞maiさん

元記事で読む