1. トップ
  2. 恋愛
  3. 絶対に注意して!!カップルのケンカ勃発LINE4つ

絶対に注意して!!カップルのケンカ勃発LINE4つ

  • 2021.9.15
  • 11156 views

何気なく送ったLINEがきっかけで彼氏とケンカになってしまった経験はありませんか? 直接会話をしている場合は、すぐに誤解を解きやすいですが、LINEだとこじれやすい傾向が……。そこで今回はケンカに発展したLINEをリサーチ。こうしたやりとりをしているカップルは要注意です。

ケンカに発展したきっかけLINE

出典: 美人百花.com
(1)元カノを匂わすLINE

「彼氏に次のデート場所を提案したら、『そこ元カノと行ったことがあるけれど、つまらなかったよ』と返信が。その他にも『それ、元カノもやっていた』など、サラッとLINEに元カノが登場するたびにイライラします!」(27歳/メーカー勤務)

元カノのことを匂わされるとイヤな気持ちになりますよね。その彼氏は元カノに未練があるから言っているのではなく、過去に起こった事実として気にせず話しているのでしょう。

(2)誤解を招く受け止め系LINE

「彼氏の仕事の愚痴をLINEで聞いてあげていました。親身になって『そっかぁ』『うんうん』と送り続けていたら『その適当な感じなんなの?もういいよ』と怒りLINEが。絵文字を使うのは変だと思って、真剣に返信をしていたのに……。大事な内容はLINEでするべきではないと思いました」(29歳/不動産)

文章の受け止め方は人それぞれ。真剣に返事をしたつもりでしたが、彼にとってはそれが適当に感じたよう。今後、大事なことはなるべくLINEは避け、電話や直接会って話しましょう。

(3)彼女好みではない可愛いスタンプLINE

「無料スタンプしか使ったことがなかった彼氏。でもある日、有料の可愛いキャラものスタンプが送られてきました。彼氏好みでもなければ、私の好みでもないスタンプにお金をかけていたので浮気を勘繰り、喧嘩に発展」(26歳/美容関連)

会社のグループLINEで「スタンプがダサい」と女性に指摘され、スタンプ購入を試みたそうです。浮気ではないものの女性ウケを気にして即スタンプを購入した彼氏にモヤモヤします。

(4)有無を「いいよ」で表現するLINE

「彼氏が家に遊びに来る日、『夕飯いる?』とLINEをしたら『いいよ』と返事が。なのでがんばってたくさん手料理を作って待っていたのに、彼氏は友達と夕飯を済ませてきたんです。彼氏に怒ったら『(準備が大変だろうから友達と食べてから行くから)いいよって送ったじゃん!』と。“いいよ=いらない”だなんて分かりにくい返信をしないでほしい!」(28歳/ネイリスト)

断る際に「(大変だからやらなくて)いいよ」「(申し訳ないからしなくて)いいよ」という人もいますよね。確かに相手には伝わりにくいので、今後いるかいらないかは、YesかNoで答えてもらうようにしましょう。

LINEからのケンカは長引きやすい?

直接会って話すと、相手の声や表情が分かるので解釈のズレが起きにくく、ケンカに発展しにくいもの。しかし、LINEは相手を見て話すことができません。なので、誤解を生み、揉めてしまうケースが多々。文面でやりとりするときは、十分に気を付けましょう。

書いたのは

出典: 美人百花.com

美泉菜月さん

恋愛心理士、恋愛アドバイザー、メンタル心理カウンセラー。年間1,000人以上の夫婦を円満に導く夫婦アドバイザーとしても活躍。

元記事で読む