1. トップ
  2. レシピ
  3. 市販の半分以下のコストで完成!電子レンジで簡単「基本のサラダチキン」

市販の半分以下のコストで完成!電子レンジで簡単「基本のサラダチキン」

  • 2021.9.14
  • 4232 views

「鶏肉」の絶品レシピをご紹介いただく筋肉料理人さんのフーディストノート公式連載。今回は、電子レンジで手軽に作れる「基本のサラダチキン」を動画を交えて教えていただきます。スーパーやコンビニで買うことができるサラダチキンですが、手作りをすれば半分以下のコストで済みますよ♪筋トレやダイエット中の方には特におすすめです。ぜひチェックしてみてください!

∩・∀・)こんにちは~筋肉料理人です!

今日、ご紹介する料理は電子レンジで作る基本のサラダチキンです。

鶏むね肉をポン酢しょうゆ、日本酒を使った漬け汁に漬け込み、電子レンジ加熱して作ります。漬けるだけ、電子レンジ加熱するだけでとっても手軽にサラダチキンが作れます。

サラダチキンは低カロリー高たんぱくな食べ物なので、ダイエットや筋トレのために常食しているという方も多いでしょう。

市販品がスーパーやコンビニにあるのですぐに手に入りますが、市販品は自作と比べるとコスパがイマイチ…。そして、味付けが強めなので塩分が気になります。手軽に自作できればコスパ、塩分問題も解決するので、電子レンジで作るレシピはおすすめです。まずは動画をご覧ください。

「基本のサラダチキン」の作り方~動画編~

続いてレシピを詳しくご紹介していきます。

「基本のサラダチキン」の作り方~レシピ編~

材料 2~3人分

鶏むね肉…1枚(300g)

(付け合わせ) かいわれ大根、ミニトマト、わさび、柚子こしょう、梅肉等…お好みで

A ポン酢しょうゆ、日本酒…各大さじ1 鶏がらスープの素… 小さじ1/2 砂糖… 小さじ1/4 おろしにんにく…小さじ1/4 黒こしょう…適宜

作り方

1. 鶏むね肉は全体をフォークで刺して穴だらけにし、ポリ袋に入れてAを加えて口をとじて揉み、室温で15分置いて漬け込みます。

2. 耐熱皿に、漬け込んだ鶏むね肉の皮目を下にして、漬け汁ごといれます。ラップをかけ、電子レンジ600Wで5分加熱します。

※2分30秒加熱したところで肉を返し、加熱むらを防ぎましょう

※電子レンジ加熱時間の目安は、鶏むね肉1gに対し、電子レンジ600wで1秒です。鶏むね肉が300gなら300秒、5分の加熱で大丈夫です。ただし、電子レンジは加熱むらが出るので、加熱途中に必ず肉を返してください。

3. 加熱が終わったらすぐに取り出さず、余熱で5分熱を入れます。

※こうすることで鶏肉に完全に熱を入れます

※予熱で熱を入れたら食べられますが、熱いうちに切ると肉汁が流れ出してジューシーさ、旨味が落ちます。粗熱が取れてからお好みの厚さに切った方がおいしいです

皿に盛り付け、かいわれ大根、ミニトマト、薬味としてわさび・柚子こしょう、梅肉など添えます。

※鶏むね肉を加熱する時に使った耐熱皿には肉汁が出ています。これには旨味が詰まっているので、鶏むね肉にかけるとよりおいしくなります

電子レンジで手軽に作れる「基本のサラダチキン」の完成です!

食べた感じは市販のサラダチキンより食感があります。塩分控えめに感じますが、鶏肉の旨味がしっかりしているので十分においしい。漬け込みにポン酢しょうゆを使いますが、酸味はほぼ感じません。

このレシピで作れば市販のサラダチキンの半分以下のコストで完成します。身近な調味料と電子レンジを使ったレシピで手軽に作れますので、ぜひお試しください。

元記事で読む