1. トップ
  2. メイク
  3. 人気ヘアメイクの仕事道具を覗き見! 唇をヘルシー&魅惑的に演出する、プロ愛用のリップケアとは?【BACKSTAGE BEAUTY / SHINO ARIIZUMI / vol.1】

人気ヘアメイクの仕事道具を覗き見! 唇をヘルシー&魅惑的に演出する、プロ愛用のリップケアとは?【BACKSTAGE BEAUTY / SHINO ARIIZUMI / vol.1】

  • 2021.9.14
  • 1245 views

国内の大手化粧品メーカーに勤めたあと、ロンドンへ渡って研鑽を積んだメイクアップアーティストの有泉志乃さん。巧みな色づかいに定評があり、雑誌のビューティ企画を中心に活躍する一方で、化粧品会社のアドバイザーも務めている有泉さんのメイクボックスの中身はどんなラインナップなのか……。今回は、「ケアが大事」だというリップまわりのアイテムをピックアップ。メイク前に必ず使うケアアイテムやプライベートでもよく使う薄づきのリップカラーなど、唇が乾きやすいこれからの季節や“withマスク”のリップメイクにも活用できそうなアイテムやティップスが盛りだくさんです!

【さらに写真を見る】人気ヘアメイクの仕事道具を覗き見! 唇をヘルシー&魅惑的に演出する、プロ愛用のリップケアとは?【BACKSTAGE BEAUTY / SHINO ARIIZUMI / vol.1】

荒れた唇を整えるトリートメント系。

メイク前に唇のコンディションを整えることがすごく大事で、ケアをするか否かでリップメイクの仕上がりに差がつきます。モアリップは口角が切れるほど乾燥して荒れているときや、メイクチェンジが多い撮影でよく使います。唇につけると少しスーッとして炎症を抑えてくれる感じがして、モデルたちからも評判がいい。血がにじむくらい唇が荒れていても鎮静してくれますし、医薬品なので安心して使えます。リップバームを塗っても唇の乾きがおさまらないときは、シュウ ウエムラのバームを塗ってサランラップでパック。水分をたっぷり含んでいるからか唇が柔らかくなり、余分な皮が取れやすくなる。スクラブ前に唇をふやかす用としても使っています。そして、唇が皮むけしていたら、M・A・Cのスクラブでピーリング。指で軽くマッサージしながら塗布すると、皮むけしていた部分がするんと取れて、唇の血色もアップします。この中でテクスチャーが一番なめらかなクレ ド ポー ボーテは、唇の縦ジワ対策に。トリートメント効果が高く、唇がふっくらして、ほんのりピンクに色づきます。唇にボリュームを出したいときにもいい。ポーポークリーム(LUCAS’ PAPAW OINTMENT)は、唇以外にもマルチに使えるベーシックアイテム。仕上がりがセミマットでテカリすぎず、メンズにも使いやすいです。
■資生堂薬品 モアリップ[第3類医薬品] 8g
■LUCAS’ PAPAW OINTMENT 15g
■シュウ ウエムラ ディプシー ハイドラビリティ リップバーム 15g
■クレ・ド・ポー ボーテ マニフィカトゥールレーブル
■M・A・C リップスクラブシャス フルーツ オブ パッション 13g

 

ナチュラルメイクに欠かせない薄づきリップ。

自分がナチュラルメイクをするときに使っているのが、この3つ。一番よく使うのはVaseline(ヴァセリン)で、ふっくらナチュラルなピンクリップに仕上がります。リップライナーとヴァセリンの色つきバームだけでリップメイクするのがお気に入り。ベタベタしないから使いやすく、口紅が乾いたときに上から重ねても色調を壊さないので、お直し用にも使っています。OSAJIは唇以外にも使えるマルチカラーで、ニュートラルな色合いが絶妙。指づけでふんわり色をのせ、これ1品でリップメイクを仕上げます。少しセミマットなテクスチャーで肌になじむから、ヌーディなワントーンメイクやメンズにも使いやすい。エレガンスはクリームチークですが、セミマットなテクスチャーが好きでリップにも使っています。オイルみたいにすべらず、もう少し色がほしいときに指で簡単に足せる手軽さがいい。発色がよく、軽く叩き込んでぼかせば薄づきにもなり、濃淡がつけやすいのもポイントです。
■Vaseline Lip Therapy Rosy Lips with Rose and Almond Oil 20g
■OSAJI ニュアンス フェイスカラー 04
■エレガンス スリーク フェイス OR202

 

唇の形や色も補うリップライナー。

唇の形やリップメイクのアウトラインを整えるために、リップライナーは欠かせないアイテム。M・A・Cはピンクがかったニュートラルなベージュで、リップカラーの色を邪魔しない万能カラーなので、赤リップに合わせたりもします。上下で唇のトーンが違うのを揃えるときや、リップラインが欠けているところを補うのに便利。ピンクコーラル系のCharlotte Tilburyは、リップカラーを塗る前に唇の中央に仕込むと、自然な血色感が出せます。ペンシルが太めのナーズは、唇全体を塗りつぶしたり、ぼかしてグラデーションをつくるのも簡単。もちろん唇の輪郭もきちんととれて、いろんな使い方ができる便利なアイテムです。
■ナーズ ベルベットマットリップペンシル 2487N
■M・A・C リップペンシル サブカルチャー
■Charlotte Tilbury LIP CHEAT PILLOW TALK

 

元記事で読む
の記事をもっとみる