1. トップ
  2. ファッション
  3. F1チーム「アルファタウリ」コラボメタルウオッチ「EDIFICE」カシオから

F1チーム「アルファタウリ」コラボメタルウオッチ「EDIFICE」カシオから

  • 2021.9.12
  • 2695 views
「アルファタウリ」の転戦をサポートする高い実用性と堅牢性をその腕にも

カシオ計算機は、メタルウオッチ「EDIFICE(エディフィス)」と四輪自動車レース「F1」を戦うレーシングチーム「Scuderia AlphaTauri(スクーデリア・アルファタウリ)」のコラボレーションモデル「EQB-1200AT」を、2021年9月17日に発売する。

「6Kカーボン」を文字板に使用

「EDIFICE」と日本人ドライバーの角田裕毅選手を擁する同チームがコラボレーション。文字板にはF1マシンのウイングやフロア部分に使用されるものと同様に、高強度なカーボン素材で織り込んだ「6Kカーボン」を採用するなど、F1のテクノロジーを注ぎ込んだというデザイン。

チームカラーのネイビーをベースに、メカニックがレース後に着用するウエアから発想した蛍光イエローを見切りや秒針、インダイヤルの小針、ストップウオッチボタンなどのパーツにアクセントとして配する。

バンドは耐久性にすぐれる「CORDURA」ファブリックを採用。バンド上にはチームメンバーの夜間作業時の安全に配慮した再帰反射シートをプリントする。また交換用として本革バンドも用意する。

「モバイルリンク」機能を搭載し、専用アプリとBluetoothで連携すれば自動で時刻修正を行えるなど、高精度な時刻表示を実現。「ワールドタイム」はアプリ上で約300都市から選択できる。

10気圧防水に対応。ソーラー充電システム「タフソーラー」を実装する。

価格は7万4800円(税込)。

元記事で読む