1. トップ
  2. 銀行員は見た!老後資金2,000万円貯蓄できる人の特徴3選

銀行員は見た!老後資金2,000万円貯蓄できる人の特徴3選

  • 2021.9.11
  • 4739 views

2019年に報道された老後資金2,000万円問題。金融庁の報告書に驚いた方も多いでしょう。実際に必要になる老後資金は、受給できる年金額やライフスタイルにより異なりますが、2,000万円貯めておいて損はありません。今回は、過去に銀行で働いていた筆者が老後資金2,000万円を貯められる人の特徴を紹介します。

■ 目標意識を持っている

老後資金をいつまでに貯めるという意識を持っている人のほうがお金は貯まりやすいものです。生活費から余った金額を貯蓄しようと思ってもなかなか貯めるのは難しいのですが、「○歳までに2,000万円貯めるために毎月△円貯蓄する」という強い意志があれば貯めやすくなります。老後資金を貯める口座を用意し毎月入金、絶対に取り崩さないようにしましょう。

■ 20代・30代からコツコツ貯蓄している

老後資金は大きな金額なので、なるべく早い段階で貯蓄を始めたほうが貯めやすいです。特に子供が大きくなると教育資金が家計を圧迫するので、老後資金の捻出が難しくなる家庭が多くなります。そのため、子供がまだ小さい20代や30代からコツコツ貯めておくのがおすすめです。例えば、保育料無償化で保育料がかからなくなりましたが、その分を無駄遣いせずに貯蓄してみてはいかがでしょうか。

■収入の口が多い

収入が増えるほど貯蓄のハードルは下がります。副業するなどして意識的に収入を増やしている人は貯蓄を増やしやすい傾向にあるでしょう。会社員としての収入は上がりにくいですが、副業はやればやるほど増えていきます。副業の収入は貯蓄用と決めて運用するのもおすすめです。

■絶対貯めるという強い意志を持つ

老後資金を2,000万円貯めるためには「絶対に貯める」という目標意識を持つことが大切です。また、子供が大きくなると教育費がかさみ貯めにくくなるので、子供が小さいうちにコツコツ貯めた方がいいでしょう。収入が少ない・増えにくいと感じるのであれば、副業をするなどして収入を増やすのもおすすめです。今回紹介したことを意識して老後資金を貯めて、老後の不安をなくしていきましょう。

文・勝目麻希

元記事で読む