1. トップ
  2. ファッション
  3. 大人女子の「ほんのり秋のスカートコーデ」6選

大人女子の「ほんのり秋のスカートコーデ」6選

  • 2021.9.7
  • 16853 views

涼しく快適に過ごせる「スカート」コーデは、まだまだ暑さが残る今の時季にもオススメです。「暑さ対策をしながら秋を先取りしたい」「真夏っぽく見えないスカートコーデが知りたい」と考えている方も多いのでは?そんな方に向けて、残暑にオススメなスカートコーデを色別にご紹介していきます。今回は『色から秋っぽい装いに!ニュアンスカラー』のスカートコーデ6選です。

大人女子向け!スカートコーデ6選【ニュアンスカラー編】

【ベージュのロングスカートで大人っぽく】
落ち着いた色味が残暑の時季にぴったり
大人カジュアルの定番、Tシャツ×スカートの組み合わせ。チョコレートブラウンのノースリTとベージュのペンシルスカートで、Iラインを強調してスタイルアップを狙って。ワントーンの装いには、チェック柄のシャツを腰巻き。シンプルコーデにほどよいアクセントを忘れずに。ノースリーブカットソー¥9,790(エイトン/エイトン青山)腰に巻いたシャツ¥48,400(クルー バイ タトラス/タトラス コンセプトストア 青山店)スカート¥29,700(サクラ/インターリブ)バッグ¥135,300(トッズ/トッズ・ジャパン)サンダル¥31,900(ピッピ/ベイジュ)イヤリング¥12,600ブレスレット¥6,480(ともにアビステ)ペンダントトップ¥52,800チェーン¥96,800(ともにウノアエレ/ウノアエレ ジャパン)

【ベージュのスカートでキレイめに】
足元はサイドゴアブーツで秋を先取り
ベージュのスカートには、メンズライクなTシャツを合わせて、テイストMIXなオシャレを楽しんで!足元はボリュームのあるサイドゴアブーツで、秋らしい雰囲気を先取りするのがポイントです。ブーツ「ラグ」〈H7cm〉¥137,500 ネックレス¥158,400 リング¥115,500(すべてボッテガ・ヴェネタ/ボッテガ・ヴェネタ ジャパン)Tシャツ¥13,200(エイトン/エイトン青山)スカート¥27,500(ユナイテッドアローズ/ユナイテッドアローズ エルティーディ オンラインストアー)

【ベージュのワントーンで秋を意識】
カラースニーカーで華やぎをプラスして
ベージュのシャツにベージュのスカートを合わせた、キレイめなワントーンコーデ。秋に向かう時季には、落ち着いた配色を選ぶのが正解です。足元のマルチカラーのスニーカーで、こなれ感を演出して。スニーカー¥79,200 シルバーバッグ¥107,800 バッグ¥145,200(すべてピエール アルディ/ピエール アルディ東京)シャツ¥30,800(マディソンブルー)スカート¥20,900(カレンソロジー/カレンソロジー新宿)イヤリング¥6,300【手首側から】バングル¥9,720、¥6,480(すべてアビステ)

【ちょっぴり甘口なレース素材のスカート】
INせず合わせれば着痩せ効果もバッチリ
通勤アイテムの定番レーススカートは、ベージュを選んで落ち着いた雰囲気に。トップスにはロゴスウェットを合わせて、ラフに着崩すのが今秋っぽい!全体をベーシックカラーでまとめつつ、ブルーのトートバッグでアクセントを加えるのがポイントです。トップス¥3,850シアーシャツ¥4,950(ともにローリーズファーム/アダストリア)巻きスカート¥7,700(PICHI)ネックレス¥1,870イヤリング¥2,860(ともにアネモネ/サンポークリエイト)バッグ¥41,140(リエンピーレ/ショールーム 233)サンダル¥24,200(ツル バイ マリコ オイカワ)バングル¥13,200リング¥30,800(ともにe.m./e.m.表参道店)

【ピンクベージュのプリーツスカート】
シャツをプラスしてきちんと感を演出
ネイビーのシャツに、くすみピンクのプリーツスカートを合わせた上品な休日コーデ。シャツのインナーにしたタンクトップを胸元からのぞかせることで、コーデに立体感が生まれます。足元はハイカットのコンバースで、ラフにまとめて。シャツ¥10,450(ステートオブマインド/ゲストリスト)グレータンクトップ¥2,090(ベイフロー/アダストリア)プリーツスカート¥10,450(Mila Owen/Mila Owenルミネ新宿2店)サングラス¥52,800(アイヴァン7285/アイヴァン7285トウキョウ)かごポシェット¥18,700(ヴィオラドーロ/ピーチ)イヤリング¥6,480ゴールドバングル¥5,400(ともにアビステ)

【ベージュのタイトスカートを休日仕様に】
フォトプリントのノースリTでカジュアルダウン
通勤コーデの定番「タイトスカート」を休日に着るなら、スポーティなアイテムを組み合わせるのが正解。フォトプリントのノースリTシャツやスポサンが、ほどよくラフな印象を演出してくれます。バッグはスカートとリンクさせたベージュを選んで、統一感を意識して。カットソー¥5,500(アパート バイローリーズ/アダストリア)スカート¥14,300(アンクレイヴ/オンワード樫山)バッグ¥41,800(ア ヴァケーション/アマン)サンダル¥10,890(ロックポート/ロックポート ジャパンお客様窓口)ネックレス¥69,300(アルポ/ZUTTOHOLIC)メガネ¥31,900(アイヴァン/アイヴァン東京ギャラリー)

【裾コンシャスなベージュのペンシルスカート】
オレンジのノースリニットでコンパクトにまとめて
パッと目を引くオレンジのノースリーブニットを主役にした、夏の終わりらしい上品コーデ。ビビッドカラーのトップスには、ベージュのペンシルスカートを合わせて、大人っぽくまとめて。足元はぺたんこサンダルで、抜け感をさりげなく。ニット¥18,700(ANAYI)スカート¥38,500(THIRD MAGAZINE)バッグ¥35,200(ジャンニ キアリーニ/ジャンニ キアリーニ 銀座店)サンダル¥26,400(ファビオ ルスコーニ/ファビオ ルスコーニ ルミネ有楽町店)イヤリング¥12,100(マージョリー・ベア/ココシュニック 有楽町マルイ店)

快適に過ごせる『スカート』コーデ。この時季は秋らしいアイテムをプラスしてコーディネートするのがポイントです。ぜひ、この記事を参考にして、いつものスカートコーデをアップデートしてみてくださいね!

※本記事は過去の「CLASSY.」「CLASSY.ONLINE」記事を再編集したものです。完売の可能性がありますのでご了承ください。また、価格は掲載当時の価格です。
再構成/CLASSY.ONLINE 編集室、山水由里絵

元記事で読む