1. トップ
  2. ダイエット
  3. 運動するだけで体調がよくなる仕組みって?

運動するだけで体調がよくなる仕組みって?

  • 2015.7.12
  • 5337 views

見た目が健康的な人は元気があり、幸せそうに見えますよね。しかし、不健康そうな人や病気がちな人は、見た目にも元気がなさげです。体が元気なだけで心も元気になれるのが、見た目にもあらわれているのがわかります。元気に幸せに過ごすためにも健康的でいるのが一番です。

健康でいるために

よい食事をとり、よい睡眠をとり、そして適度な運動を続けることで、体も心も元気でいられます。しかしなかなか食事も睡眠もうまくとれず、さらに運動をする時間がない人が多いのが現実です。でも、休みの日や少しの時間だけでも運動をとり入れることで、食事も睡眠も上手にとれる仕組みになるんですよ。

運動する意味っていろいろあるんです

行動をおこすと、いろいろなことがいい方向にまわりはじめます。健康を維持するために運動をとり入れることは、行動を起こすことにつながります。運動をするといい利点は、筋力がアップするため疲れにくい体になることです。筋力がアップすると、そのぶん体が栄養を欲しがり食欲がわきます。しかも、体は必要な栄養素を自然と理解しているので、お菓子や甘いものを欲しがるよりも、食事を食べたいと思えるようにもなります。必要な栄養がしっかりと体に入ること、さらに運動効果によりストレスの軽減・睡眠効果へとつながります。そのほかにも、運動をすることで内臓を強化し体が強くなるため、肥満防止・心臓や肺機能アップ・老化防止にも。今までしてこなかった運動を続けると、これだけの効果が期待できるんです。

女性特有のあれにも

女性にとって毎月悩みの生理痛。運動をすることでホルモンバランスが整い、生理痛緩和へと導きます。運動をするとなると筋肉が締まるイメージばかりですが、適度な運動は代謝をアップし体の冷えのもとを解消していきます。生理痛の原因にあげられるのが冷えともいわれているので、運動をすることで効果が期待できますよね。しかも、運動は普段使わない筋肉を使うことが多く、それらの筋肉を使うことで体内で熱を発生させることができます。普段運動をしていない時間でも、体の冷えを感じにくくなるほど冷え性改善に役立ちます。

肌がキレイになる

運動をしている人って、肌がきれいな人が多くありませんか? 逆に運動をしていないと、なぜ肌が汚くなるのでしょう。それは、運動をしていない体は血液の流れが悪く、皮膚の新しい細胞を作るための栄養が血液にのって運ばれにくい――という点があげられるからです。肌のターンオーバーはこの血流の流れに関係しており、栄養がしっかりと細胞にとどけることができなければ、肌の再生は遅れます。再生が遅れることで肌表面の新しい角質を生成できず、古い角質のまま肌がボロボロになりやすいんです。運動効果を実感するには、まずははじめることから。運動のしすぎは逆に老化を招くこともあるので、適度な運動で健康的に体調を整えていきましょう。