1. トップ
  2. 夫を警戒!? ホッキョクグマは母ひとりで子育てに奮闘!/どうぶつの恋愛が不思議すぎて!

夫を警戒!? ホッキョクグマは母ひとりで子育てに奮闘!/どうぶつの恋愛が不思議すぎて!

  • 2021.9.2
  • 2420 views
ホッキョクグマの母はオスを警戒しながら子育て (C)まつおるか/KADOKAWA
ホッキョクグマの母はオスを警戒しながら子育て (C)まつおるか/KADOKAWA

『どうぶつの恋愛が不思議すぎて!』を最初から読む

シャチやサメなどの海中生物、セイウチやホッキョクグマなどの海獣…水族館や図鑑などでおなじみの動物たち。では、彼らがどんな恋愛をして、どんな風に出産・子育てをしているのかご存じでしょうか?

海中生物、海獣、淡水生物が大好きな漫画家・まつおるかさんの「どうぶつ解説」コミックシリーズ最新作『どうぶつの恋愛が不思議すぎて!』では、シャチが一族の群れ同士でお見合いをしていたり、サメはメスの胸ビレを噛んでプロポーズしていたり、セイウチがギターのような音を鳴らしながら求愛ソングを歌っていたり…海に生きるどうぶつたちのさまざまな「恋愛」を漫画で紹介しています。

知識があれば、水族館で彼らを見るのがもっと楽しくなる!『どうぶつの恋愛が不思議すぎて!』(KADOKAWA)から、「夫を警戒!? ホッキョクグマは母ひとりで子育てに奮闘!」をお送りします。

※本作品はまつおるか著の書籍『どうぶつの恋愛が不思議すぎて!』から一部抜粋・編集しました

【画像を見る】子育ても命がけ! (C)まつおるか/KADOKAWA
【画像を見る】子育ても命がけ! (C)まつおるか/KADOKAWA
メスをめぐってオス同士が争うことも! (C)まつおるか/KADOKAWA
メスをめぐってオス同士が争うことも! (C)まつおるか/KADOKAWA
3月頃初めて子グマは巣穴から顔を出す (C)まつおるか/KADOKAWA
3月頃初めて子グマは巣穴から顔を出す (C)まつおるか/KADOKAWA
なんでわざわざ親子で海へ行くの? (C)まつおるか/KADOKAWA
なんでわざわざ親子で海へ行くの? (C)まつおるか/KADOKAWA

著=まつおるか/『どうぶつの恋愛が不思議すぎて!』(KADOKAWA)

元記事で読む