1. トップ
  2. ディーン・フジオカ&和田雅成、瀬戸利樹主演『推しの王子様』スピンオフドラマ出演決定

ディーン・フジオカ&和田雅成、瀬戸利樹主演『推しの王子様』スピンオフドラマ出演決定

  • 2021.9.2
  • 463 views
ディーン・フジオカ&和田雅成『ぼくの推しは王子様』(c)フジテレビ

比嘉愛未主演ドラマ『推しの王子様』(フジテレビ系)のスピンオフドラマ『ぼくの推しは王子様』に、ディーン・フジオカと和田雅成が出演することが決定した。

『推しの王子様』は、主人公の日高泉美(比嘉愛未)が、ある日、目の前に現れた男・五十嵐航(渡邊圭祐)を理想の男性に育てるため奮闘する“逆マイ・フェア・レディ”な日々をオリジナルストーリーで描く、ロマンティック・コメディー。

動画配信サービスFODで独占配信されている『ぼくの推しは王子様』は、「ペガサス・インク」のプランナーで歴史好きの有栖川遼(瀬戸利樹)が主人公。しょせんはかなわぬ恋だと諦めながら、ある人物にずっと片思いをしている有栖川が、「運命の人が見つかる恋愛アプリ」に振り回される様子を絶妙なテンポとコメディータッチで描く。

ディーン演じる光井倫久は第8話のゲストとして登場。仕事で失敗して落ち込んでいる有栖川を行きつけのバーで慰める光井。しかし、帰り際に光井が「謎のメッセージ」をつぶやき、そのまま帰ってしまう。意味が分からずにモヤモヤする有栖川。後日、そのことを「ペガサス・インク」のメンバーに伝えると解読が始まる。

第9話から最終話までゲスト出演する和田が演じるのは、シナリオライターの兎田ヒロシ。兎田は仕事のスピードが早くアドバイスも的確で優秀なライターだが、空気が読めなくズバッと物事を言う性格。有栖川はそんな兎田に苦手意識があり、新企画の打ち合わせも兎田のペースとなりヒートアップしてしまう。一見、相性が悪そうな2人だが、「運命の人が見つかる恋愛アプリ」が反応を示す。

■和田雅成 コメント
・出演が決まった時の感想

素直にうれしかったです。本編の『推しの王子様』も見させていただいていたので、“この作品の一員になれるんだ”と光栄でした。

・兎田ヒロシを演じて

監督とプロデューサーさんとたくさん話し合い、自分1人だけはなく皆様とこの役を生きているようでした。ペガサス・インクの皆様はチームワークが素晴らしく、そして、温かったです。

・視聴者に向けてメッセージ

今、この世の中で、ネガティブになっている方もたくさんいると思います。その中でこの作品を見て、少しでもポジティブになれるように背中を押せたら良いなと思っています。

(リアルサウンド編集部)

元記事で読む