1. トップ
  2. スキンケア
  3. あぶら毛穴とたるみ毛穴、あなたはどっち?

あぶら毛穴とたるみ毛穴、あなたはどっち?

  • 2015.7.11
  • 2784 views

毛穴の目立ちは肌をより汚く見せてしまうので、なんとか目立たないようにさせたいですよね。しかし毛穴のトラブルにはさまざまな種類があり、とくに「あぶら毛穴」と「たるみ毛穴」で悩んでいる人が多いんです。

あぶら毛穴とは?

あぶら毛穴とは、毛穴からの皮脂分泌が過剰になることで起こる毛穴トラブルです。インナードライ肌の人に多く、毛穴から皮脂があふれ出てしまい、すぐに顔がテカってしまいます。しかも毛穴から皮脂が出すぎると雑菌が繁殖しやすい状態になるので、肌荒れの原因ともなります。また空気に触れることで酸化してしまい、肌が汚れたり毛穴の黒ずみの原因にもなっています。

たるみ毛穴とは?

たるみ毛穴とは、皮膚がたるむことにより毛穴が目立つ毛穴トラブルです。ハリがなくなり毛穴を閉じる力がなくなるため、くぼんでクレーターのような状態に。年齢により肌のハリが衰えることで生じやすいのですが、年齢にかかわらず肌の水分が低下したり、紫外線により肌のバリア機能が失われ肌にたるみが生じることで、若いうちでもたるみ毛穴を経験してしまう人もいます。

ツルっときれいな肌へ

キメが細かい肌は見た目にも美しく見えます。毛穴がきゅっと引きひまることでキメが細かくなりツルっときれいな肌へと生まれ変わります。あぶら毛穴もたるみ毛穴も、それぞれちゃんとしたスキンケアをおこなってあげることで、毛穴を目立たなくさせていくことができます。あきらめずにスキンケアをしっかりとおこないましょう。

あぶら毛穴の人は

毛穴からぽつぽつと皮脂がとび出てきてしまう人は、毛穴を詰まらせている皮脂をとり除き、さらにメイクなどもしっかりと落とさないと毛穴をふさぐことになってしまいます。一日の終わりには、皮脂とメイクを丁寧に落とすことも必要ですが、それ以外に私生活でも気をつける点があります。

たとえば日中の紫外線など。気温の高い状態や紫外線が強い中に肌をさらしておくと、皮脂の分泌がより活発化してしまいます。そのほかにも、甘いものや脂っぽい食べものを食べると、男性ホルモンを活発化させ皮脂腺を刺激するともいわれています。日中の紫外線対策や食事にも気をつけましょう。

たるみ毛穴の人は

皮膚のたるみは、皮膚のコラーゲンの減少といわれています。年齢にかかわらず、紫外線などにさらされているとコラーゲンが失われてしまい、うるおいも失ってしまいます。とくに夏は汗をかきやすいため、皮膚から水分が抜けやすいという点もあります。無理に汗をかくことも皮膚の水分を減少させ、お肌を乾燥させたりたるみの原因を作ることになります。たるみ毛穴には、とにかく保湿。

しかし肌は衰えるとキメが荒くて皮膚が硬い状態に。化粧品の浸透性も悪いため皮膚をやわらかくしてあげる必要があります。肌をこすらないように皮膚をやさしくマッサージして、皮膚の弾力を高めてあげましょう。血行もよくなるのでリフトアップ効果も期待できますよ。