1. トップ
  2. グルメ
  3. 寄付先として認証されているアフガニスタン支援のGoFundMe7選

寄付先として認証されているアフガニスタン支援のGoFundMe7選

  • 2021.8.27
  • 754 views

アフガニスタンの実権をイスラム原理主義組織タリバンが掌握したことで、多くのアフガニスタン国民の人権が危険にさらされている。厳格なシャリーア(イスラム法)の解釈に沿って国を統治していた20年前は、女性や性的少数者など社会的なマイノリティの基本的人権が脅かされ、現在アフガニスタンではタリバンに処刑される危険性が差し迫っている人たちを中心に緊急の国外脱出や支援活動が行なわれている。クラウドファンディングプラットフォームGoFundMeにおいて、そういった活動を支援するための募金活動を行なっているページの中から、GoFundMeが公式に認証しているものを紹介。

英語版のGoFundMeを日本語で見る方法

今回紹介するページは英語のみ。日本語で読みながら寄付をする場合は、Chromeのスマホ向けアプリやPC向け検索エンジンのページ翻訳機能を使えば、ページ全体を日本語に翻訳したものが読める。そちらのやり方はChromeの公式サイトのガイドから確認して。

FLYAWAY: EMERGENCY AFGHAN RESCUE MISSION

タリバンに処刑される危険性が差し迫っている人々を出国させるための飛行機を飛ばす費用として55万ドルの資金を募ったこの団体には、わずか24時間で500万ドル以上の寄付が集まった。日本時間の8月26日に最初の飛行機が現地空港に到着し、現時点までに家族を中心に350人の移動を終えたというが、今後もより多くの人の脱出を手伝うために引き続き支援を募っている。支援金が余った場合は、International Women's Media Organizationを通して難民支援に使われる。SEALSやCIAなど特殊部隊経験者からなるコンサルティング会社Raven Advisory LLCが主導している活動。GoFundMe認証済み。(寄付ページ

Women Globally Working to Protect Afghan Women

タリバン政権下で処刑される可能性が高いアクティビストの中でもとくにターゲットになりやすい、女性のジャーナリスト、アクティビスト、政治家、メディアの国外脱出支援など、WHRD(※Women Human Rights Defenders=女性の人権擁護者)を守るための支援活動。寄付金は、紛争の影響を受ける女性を支援するWOMENS REGIONAL NETWORKに届けられ、イギリスの銀行口座に送金後、「アフガニスタン国内に支店のある信頼できる両替業者を通じて、アフガニスタン国内で少額ずつ送金されます」とされている。GoFundMe認証済み。(寄付ページ

画像: Women Globally Working to Protect Afghan Women

Afghanistan Relief Fund

GoFundMe公式が立ち上げた、アフガニスタン支援のための募金活動。寄付金は現地の民間人支援に繋がるように、アフガニスタンで人道的支援を行なっている複数の非営利団体に助成金として渡される。8月27日現在、助成金の提供先として発表されている団体は、食糧支援を行なっているGlobal Hope Network International、国内の大切な情報網でありタリバンの制裁対象になる可能性が高いジャーナリストを支援しているInternews、国内避難民や学生・学校への経済支援を行なうBamyan Foundation。(寄付ページ

Support Girls in Afghanistan

アフガニスタンの若い女性や少女たちに安全で養育的かつ刺激的な教育環境を提供しているRazia's Ray of Hope Foundation主催の募金活動。寄付金は、学校の運営費(例:家族がこの地域に移住してきた新入生のための入学許可の拡大)と、不安定な状況が続く中で影響を受けているスタッフ・生徒・その家族への資金援助に使われる。GoFundMe認証済み。(寄付ページ

画像: Support Girls in Afghanistan

Urgent Food Aid for Displaced Afghan Families

アフガニスタンの最も弱い立場にある人々に食事や食料援助パッケージを配布することを目的とした食料援助プログラムを展開するWellness Worldwide for Sustainable Communitiesを支援する募金活動。目標額の2万ドルで、1,000人に1日2食、2週間分の食事を提供することができるという。同団体は支援の第一弾として、現地時間8月24日にカブールのSarai Shamaliエリアで、米、肉、野菜、パン、フルーツを含むランチを1000人に提供したと報告している。GoFundMe認証済み。(寄付ページ

SUPPORT VULNERABLE AFGHAN WOMEN & FAMILIES

女性主導の米NPO団体Future Brillianceの活動を支援する募金活動。寄付金は、アフガニスタンの女性と子どもを中心に、危険な状態にある人々の安全な通行と緊急避難の支援、亡命希望者への実用的かつ経済的な支援、フガニスタンに残るFuture Brillianceの研修生への経済的・実務的支援、孤児院やセーフハウスで保護されている弱い立場の女性や子どもたちを守るための資金提供に使われる。GoFundMe認証済み。(寄付ページ

Operation We Care: Global Afghan Evacuation

アフガニスタンで活動していた軍人や民間人として重要な役割を担った人たちで構成され、カブールに診療所を建設するなど、地域社会を支援してきたチームによる募金活動。この診療所の関係者は米国と同盟国を支援してきたとしてタリバンのターゲットになる可能性が高いため、現地のアフガニスタン人スタッフとその家族を国外脱出させるための資金を募っている。(寄付ページ

(フロントロウ編集部)

元記事で読む