注目アイコン システムメンテナンスのお知らせ
  1. トップ
  2. 恋愛
  3. 【ぜんぶ夏のせい??】私が“ひと夏の恋”に落ちた瞬間。

【ぜんぶ夏のせい??】私が“ひと夏の恋”に落ちた瞬間。

  • 2015.7.10
  • 1328 views

【ぜんぶ夏のせい??】私が“ひと夏の恋”に落ちた瞬間。

【アンアン総研リサーチ】vol.61 文・藤田佳奈美

夏は出会いの季節。イベントごとが多いほか、陽気な気分になりやすいため、出先で出会った男性と恋に落ちやすいといわれています。

出会い&恋のシーズン・夏、到来! そんなひと夏の恋に溺れる女性はセックスまでの展開も早い模様。出会いがドラマチックだと、セックスもかなり盛り上がるのかもしれません。とはいえ、熱しやすく冷めやすいのも夏恋あるあるで……。夏が終わると恋も終わってしまうようです。

anan総研の調査によると、20代女性の約2割強がワンサマーラブ経験者(記事はコチラ⇒【今夏はアナタも♡】sexまでが早い、急展開な「ひと夏の恋」体験談。)。そんな彼女たちに、どんなサマーマジックにかかってしまったのかを聞いてみました。

アナタが思うサマーマジックは何?

男性の体つきにドキッ!

彼の生カラダに釘づけ!

「日焼けした肌。男らしく感じてドキッとするし、性欲を駆られる」(30歳・マーケティング)

「やっぱり、半袖から見える適度に鍛えられた身体を見たとき! 抱かれたいと思う」(28歳・技術,設計)

「袖口から覗く、浮き出た血管。骨っぽくてごつごつした手。その手で私の体を触っているところを思わず妄想♡」(26歳・出版)

「海で日焼けした筋肉イケメンがいたら3割増しにはなると思う。泳いでいてもマリンスポーツしていても、絵になる筋肉は心ときめく」(32歳・その他)

袖に隠れていた男性らしい体つきが夏は丸出しになるため、体格の良さを再確認してハッとしちゃうようです。

BBQでの作業姿に胸キュン!

バーベキューは、男の見せ所?

「BBQのとき、スペアリブに夢中で食らいつく彼のワイルドな一面を見て。これは絶対むさぼるようなセックスをすると確信」(28歳・その他)

「私はテントの張り方やBBQキットの組み方はからっきし。BBQ時のDIYや作業を率先してやっている姿は男らしさを感じる。セックスもその要領で段取り上手なのかなと期待♡」(26歳・出版)

「夏に友人交えてBBQしたとき、そこにいた一番カッコいい彼に惹かれました。テキパキ火をつける様子や、重いものをひょいと持っている姿にやられました。まさにBBQマジック!」(29歳・営業)

BBQは何かと力仕事が多いため、男性の腕の見せ所でもあります。手際の良い男性がいたら、思わず見惚れてしまいますよね。

夏特有のテンション

「夜の夏の匂い。一緒にいたらなんか好きになっちゃう!」(29歳・教師,教育関連)

「夏のテンション上がるイベントを共に過ごすなど、ドキドキするような楽しい思い出を共有したとき」(28歳・その他)

「普段の毎日とは明らかに違う。夏休みは羽を伸ばしたくなるのかもしれません。つい体を許しちゃう」(23歳・学生)

「夏は解放的なので、性格も明るくなっているように思います。日も長いので、夜遅くまで一緒にいても楽しいし、露出度が高い。要するにすべてがオープン」(32歳・学生)

すべては、夏がそうさせる! これにつきるのかも?

私服とのギャップ

私も着て、並んで歩きたい。

「男性の浴衣(甚平)姿。なんかエロい」(33歳・その他)

「引き締まった体があらわになる水着姿。その体に抱かれたい」(26歳・出版)

「水着のときに見える、キュッと締まった足首。脚フェチな私には堪らない」(28歳・自由業)

私服以外の姿を見られるのは夏の特権ですよね。水着デートや浴衣デートをしてみたいものです……。

セクシーな仕草にメロメロ

「汗を拭う仕草と袖まくりする仕草。なんだかセクシー」(26歳・出版)

「アイスバーを咥えている口元。無邪気さとワイルドさがあってイイ!」(28歳・自由業)

「暑すぎて思わず前髪をかき上げている瞬間。これは女性だけでなく、男性も色っぽく見える仕草だと思った。かき上げながら鋭い目線を向けられたら、性欲スイッチが入っちゃう」(26歳・その他)

汗も滴るイイ男♡なんてよく言いますが、男性のふとした瞬間の仕草にグサッとくる女性は多いようです。

全体的に季節柄開放的な気分であることと、男性の鍛えられた体を拝めること、夏のイベントが多いことがサマーマジックとして作用し、ひと夏の恋へ発展するようですね。

とはいえ、あくまでもサマーマジック。夏が終われば恋も終わるのがサマーマジックです。次回は、「サマーマジックが解けた瞬間」について聞いてみます! こうご期待♪

以上、【アンアン総研リサーチ】vol.61でした!