注目アイコン システムメンテナンスのお知らせ
  1. トップ
  2. スキンケア
  3. 夏のしっとり肌にだまされるな! 実はお肌内部がガサガサな「隠れ乾燥肌女子」急増中!あなたは大丈夫?

夏のしっとり肌にだまされるな! 実はお肌内部がガサガサな「隠れ乾燥肌女子」急増中!あなたは大丈夫?

  • 2015.7.10
  • 1052 views

蒸し暑い季節、肌は汗でべたついているので「乾燥肌」とは無縁のように思えます。でも実は、夏の間に乾燥肌になっている「隠れ乾燥肌さん」が増えているのだとか。湿度が高くジメジメしている夏は皮脂の分泌が活発なので、肌は潤っているように思われます。けれども、汗と共に肌の水分と保湿成分が失われるので、逆に乾燥気味になっていることが多いものなのです。

湿気が多い夏は「隠れ乾燥肌」になりやすい!

夏になると屋内でエアコンを使用するのが普通。外で大量の汗をかいたまま室内に入ると「涼しくってきもちいい!」と汗はさっと引き、乾いていきます。この汗が引き乾いていくときに肌に、必要な潤い成分も汗と一緒に奪われて乾燥肌になってしまうのです。汗をかきやすいので潤っていると勘違いしやすいのですが、実は夏の乾燥肌こそ、注意しておきたいものなのです!

肌トラブルの元凶。夏の隠れ乾燥肌、原因をチェック!

1.空気の乾燥による影響まず大きな原因としてあげられるのは、エアコンの使用による室内の空気の乾燥です。エアコンの吹き出し口から出る風に当たると、その刺激で皮膚の水分が失われていきます。扇風機の風も同様です。

2.紫外線による影響次に、紫外線の影響です。ちょっと難しい説明になってしまいますが、紫外線を浴びたあと、目には見えずとも皮膚では急激な細胞の増殖が始まります。皮膚表皮の一番下にある基底層で新しい細胞がつくられて、それが肌表面へと順番に上にあがってきて、最後には垢(あか)となってはがれ落ちます。これを皮膚のターンオーバーといいます。

紫外線の刺激により、基底層での細胞の増殖スピードが通常より速くなると、細胞が不完全なまま作られてしまいます。すると、角層に上がってきたときに十分な機能を果たすことができません。つまり、水分保持力の弱い角層となってしまうのです。また紫外線は、真皮まで届き、肌の弾力や張りを保つコラーゲン繊維やエラスチンも破壊してしまいます。夏は紫外線が強くなるとともに肌の露出が多くなるため、紫外線の影響をより強く受けてしまうのです。

夏の乾燥肌を防ぐ具体的なケア方法は?

夏の乾燥肌を防止・予防ケアするためには、皮脂と角層を守ることが何よりも大切です!まずは、次のことに気をつけましょう。

1.過度にゴシゴシと洗わない

(摩擦で角層が痛まないようにしましょう)

2.洗顔料を過度に使用しない。また、使用後はきちんと洗い流す!

3.入浴はぬるめのお湯を心がけること!

(お湯が熱いと肌がかゆくなることがあります)

4.冬同様、保湿ケアは万全に!

5.室内の空気を乾燥させすぎない

エアコンや扇風機の風に当たりすぎない!

6.紫外線対策をきちんと行う!

夏だからこその理由で、肌が乾燥してしまうことがあります。 肌を見せる服装が多いこの季節。空気にさらされて紫外線や冷房の風などに当たることも多いので、乾燥もしやすくなります。環境や生活習慣、スキンケアにほんの少し気を配り、健康で美しい肌を保ちましょうね!