1. トップ
  2. 恋愛
  3. 今どきの親が叱るのは「テストの点が悪いこと」じゃなくて○○に関してだった!

今どきの親が叱るのは「テストの点が悪いこと」じゃなくて○○に関してだった!

  • 2015.7.9
  • 816 views

子どもには自由にのびのびと育ってほしい! とはいえそれなりの学力は身につけて欲しい!! そう願うのが親のホンネ。

最近では幼稚園児でも幼児教室や英語教室などお勉強系の習い事をしている子が多く、小学生になるとその数はかなり増加。さらに首都圏では、中学生になるとほとんどの子が塾通いをしていると言われています。

まだまだ遊び中心でいいと思っている幼児の母である私も、すでに周りの熱心な教育ママたちの勢いに少々焦り気味。そしてこれからのことを考えると不安も増え……。

そこで今回は首都圏在住で子どもがいる35~49歳の女性695名を対象におこなったオウチーノ総研の調査をもとに、子どもの学力と親の教育方針について傾向をチェックしてみました。

まずは小学生・中学生のときの学力について。

子どもの将来に影響を与えるかを尋ねたところ、85%の母親が「影響がある」と考えていることが判明。その理由で最も多かったのは、「基礎が大事だから」でした。

また「進路、就職にかかわるから」という理由も多く、「勉強に取り組む態度や姿勢が将来役立つから」という意見も見られました。

逆に「どちらかというと影響はない」、「全く影響はない」という人の多くは、自分自身の体験から「出会う人や行動力の方が重要」「勉強以外にも大切なことはあるから」という意見を持っていました。

 

●小学生・中学生のときの学力は、お子様の将来に影響を与えると思いますか?

非常に影響を与える34.6%

どちらかというと影響を与える 50.4%

どちらかというと影響はない11.6%

全く影響はない3.4%

 

では実際に親は子どもの学力をどの程度気にしているのでしょう。

子どもが小学生の場合は「授業についていけるか心配」などの理由から3人に2人の母親が「気にする」と回答。一方子どもが中学生の場合は、「受験・進学にかかわるから」などの理由から8割近い母親が「気にしている」ことがわかりました。

●あなたは、子どもの学力を気にしますか?

非常に気にする(小)26.0%(中)39.3%

どちらかというと気にする (小)40.4%(中)39.8%

どちらかというと気にしない(小)23.5%(中)13.4%

全く気にしない(小)10.1%(中)7.5%

※(小)は小学生、(中)は中学生の子どもを持つ母親のデータです。

 

また学力を気にしている親の多くが「自分で勉強を教えている」ことも明らかに。特に小学生のうちは、4人に3人もの母親が子どもの勉強を見ているようです。

一方、中学にあがると科目や内容量が増えることから子どもの勉強を見る母親は3人に1人に激減。そのかわりに塾などに通う人が増えることがわかりました。

 

●子どもの勉強を自分で教えていますか?

自分で教える (小)75.6%(中)33.8%

夫が教える(小)22.2%(中)14.6%

塾に通わせる (小)23.7%(中)45.8%

家庭教師を呼ぶ (小)1.2%(中)1.8%

どれにも当てはまらない(小)10.1%(中)22.9%

ここまでの調査から、子どもが小さいうちは親が勉強を教えている家庭が多いことがわかりましたが、親子の関係ってなかなか難しいもの。ちょっとしたことで叱ってしまったり、ケンカになるなんてこともあるのでは?

そこで子どもに対して叱る頻度についても尋ねてみると、子どものテストの成績よりも勉強態度や姿勢について叱る親が多いことが明らかに。特に小学生はテストの成績に対して叱る親は2割程度と少なく、中学になってもその数は3人に1人程度であることがわかりました。

一方、勉強態度・姿勢については小学生、中学生の親ともそれほど差はなく、約半数の親が頻度は問わず叱っていることがわかりました。

 

●子どものテストの成績が悪い時に叱りますか?

頻繁に叱る(小)2.9%(中)6.5%

時々叱る(小)17.7%(中)27.3%

あまり叱らない (小)45.7%(中)41.2%

全く叱らない (小)33.7%(中)25.0%

 

●子どもの勉強態度・姿勢について叱りますか?

頻繁に叱る(小)7.5%(中)9.2%

時々叱る(小)38.5%(中)37.7%

あまり叱らない (小)33.7%(中)32.7%

全く叱らない (小)20.3%(中)20.4%

 

ついついわが子のことになると、子どもを叱りがちですが、叱るということは子どものやる気を奪ってしまったり、嫌いになってしまう可能性もあるので注意が必要かもしれません。

まずは親が自分の子どもが「叱って伸びるタイプ」か「褒めて伸びるタイプ」か見極め、それに応じた対応をするのがベストですね! わが子は明らかに褒めて伸びるタイプなので、気をつけなくちゃ!(Yuina)

情報提供:オウチーノdeヨムーノ