1. トップ
  2. レシピ
  3. この夏は「エフォートレスダイエット」で食べてキレイに痩せる!

この夏は「エフォートレスダイエット」で食べてキレイに痩せる!

  • 2015.7.9
  • 5261 views

無理な食事制限をしたダイエットでお肌や髪がボロボロになってしまったり、ストレスからリバウンドしてしまった経験がある方も多いのではないでしょうか? しかし今は、ダイエットも「食べてキレイに痩せる」時代。この夏のダイエットのキーワードは「エフォートレスダイエット」のようです。我慢やストレスとは無縁のエフォートレスダイエットとは、どんなダイエット法なのでしょうか?

■エフォートレスダイエットってなに?

エフォート(effort)レス(less)ダイエットとは、文字通り頑張らなくて良いダイエット。何かを減らすのではなく、痩せ体質になる食材や食べ方を取り入れるダイエット法で、カロリーは気になるけれど食事制限はイヤ!好きなものを食べたて楽しみたい!! という女子にはピッタリの、身近な食べ物を取り入れることで痩せ体質に近づかせるという、とってもお手軽なダイエット法なのです。

■エフォートレスダイエットにおすすめ!身近な食材3つ

(1)野菜ジュース

糖質の多い食事を取って血糖値が急上昇すると、エネルギーとして使い切れずに余った糖が、脂肪細胞に取り込まれ脂肪が蓄積しやすくなってしまいます。

しかし、カゴメの研究によれば食事の前に野菜ジュースを飲むことで、食後の血糖値の上昇を抑える働きがあることが判ったそうです。とくに、パンやごはんなどをたくさん食べるときは、食事の30分前に200mlの野菜ジュースを飲むだけでも効果的なのだとか。

(2)キノコ

海外セレブも取り入れているという、1日1食だけをキノコ料理に変える「Mプランダイエット」。キノコに含まれる「キノコキトサン」には、既に蓄積された脂肪を分解してエネルギーに変える働きがあるといわれています。キノコキトサンは、とくにエノキに多く含まれているようで、粉砕することで吸収が良くなるだけでなく美味しさもUPするそうですから、エノキをポタージュスープにしてみるのもありかも。

(3)大麦

大麦に多く含まれる「β-グルガン」には、その時の食後の血糖値を穏やかにするだけでなく、次の食事の血糖値までも上昇も穏やかにする「セカンドミール効果」があります。

また、満腹感を持続させる作用もあるため、朝食や昼食に大麦を食べておけば、おやつなしでも1日を過ごせるかも。

身近な食材と少しの工夫でできるから、気軽に始められそうですよね。夏は基礎代謝が下がり太りやすい季節ですので、エフォートレスダイエットを取り入れて、痩せ体質を目指してみてはいかがでしょうか?

(岩田麻奈未)