1. トップ
  2. ニコラス・ケイジ、満面の笑みで「サイコー!」 園子温監督のハリウッドデビュー作、特報完成

ニコラス・ケイジ、満面の笑みで「サイコー!」 園子温監督のハリウッドデビュー作、特報完成

  • 2021.8.17
  • 923 views

ニコラス・ケイジ、満面の笑みで「サイコー!」 園子温監督のハリウッドデビュー作、特報完成

画像1
栗原類、渡辺哲、潤浩の出演も判明! / (C)2021 POGL SALES AND COLLECTIONS, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

園子温監督のハリウッドデビュー作であり、ニコラス・ケイジが主演する映画「プリズナーズ・オブ・ゴーストランド」の特報(30秒)が初披露され、日本人の追加キャストが発表された。

高名な悪党であるヒーロー(ケイジ)は銀行強盗をしくじり囚われ、一帯を牛耳るガバナー(ビル・モーズリー)の支配から逃亡した女(ソフィア・ブテラ)を連れ戻すことを命じられる。特殊なボディスーツに身を包んだヒーローが女を探してたどり着いたのは、美しくも暴力的な世界“ゴーストランド”。ヒーローは、東洋と西洋が混ざり合い、混沌が包み込む町から女を見つけ出そうとする。

特報は、狂暴かつ強烈な仕上がり。映像は、鎧を着た何者かが立ちはだかるシーンから始まる。スーツ姿のケイジが映し出されたかと思えば、一転して革のボディスーツに身を包んだ姿を活写。サムライタウンで素手や銃、日本刀で華麗な立ち回りを見せており、ラストには満面の笑みで「サイコー!」(日本語)と言い放つ光景が確認できる。

日本人キャストして発表されたのは、映画、ドラマ、舞台で活躍中の栗原類、「冷たい熱帯魚」など園監督作の常連としても知られる名バイプレイヤー・渡辺哲、NHK連続テレビ小説「エール」にも出演した潤浩。“無垢な笑顔”を携えて「園子温ワールド」に参戦している。

「プリズナーズ・オブ・ゴーストランド」は、10月8日から東京・TOHOシネマズ日比谷ほか全国公開。

元記事で読む