1. トップ
  2. おでかけ
  3. 映画『ドリームプラン』ウィル・スミス主演、世界最強テニスプレーヤー姉妹を育てた父親の実話

映画『ドリームプラン』ウィル・スミス主演、世界最強テニスプレーヤー姉妹を育てた父親の実話

  • 2021.8.16
  • 421 views

映画『ドリームプラン』ウィル・スミス主演、世界最強テニスプレーヤー姉妹を育てた父親の実話

映画『ドリームプラン』が、2022年2月23日(祝・水)に公開される。主演・プロデューサーはウィル・スミス。

www.fashion-press.net

世界最強テニスプレイヤー姉妹を育てた父親の実話

映画『ドリームプラン』は、世界最強のテニスプレーヤーとも称されるビーナス&セリーナ・ウィリアムズ姉妹を育て上げた父リチャード・ウィリアムズを描いた伝記作品。2人をテニス界の女王へと導いたのは、“テニス経験皆無”の父親が独学で作り上げた「計画書=ドリームプラン」だったー。彼はどのようにして、姉妹を天才プレイヤーに育て上げたのか?世界の常識を変えた、驚異の実話が明かされる。

ビーナス&セリーナ姉妹とは?

ビーナス&セリーナ姉妹は、女子プロテニス界のトップに10年以上にわたり君臨。ビーナスはグランドスラム(全豪オープン・全仏オープン・ウィンブルドン・全米オープンのテニス界の世界4大大会を制覇)を7回、セリーナは23回(女性歴代2位)、オリンピックでは2人合わせて5つの金メダルを獲得している。

女子プロテニス史に名を残す2人の偉大なプレーヤーは、大坂なおみにも影響を与えた。その大坂が、2021年の全豪オープン女子シングルス準決勝ではセリーナに勝利。試合後、両者が抱擁するシーンに、世界中のファンが歓喜したことも記憶に新しい。

“テニス未経験”の父親が実行した「ドリームプラン」

姉妹の実父リチャードは、彼女たちが生まれる前にTVで優勝したテニスプレーヤーが4万ドルの小切手を受け取る姿を見て、「子どもを最高のテニスプレーヤーにしよう!」と決意。テニス未経験にも関わらず、独学でテニスの教育法を研究し、78ページにも及ぶ成功への計画書、“常識破り”の「ドリームプラン」を実行した。

ギャング蔓延るロサンゼルス郡南部・コンプトン市の公営のテニスコートで、リチャードは周りから批判を受けながらも、数々の問題を乗り越えながら、娘たちを史上最強のプロテニスプレイヤーに育て上げていく。

主演はウィル・スミス、アカデミー賞ノミネートにも期待

主演を務めるのは、ウィル・スミス。『ジェミニマン』『バッドボーイズ フォー・ライフ』などのアクション映画や、ディズニー実写化映画『アラジン』といったエンターテイメント作品、『素晴らしきかな、人生』『コンカッション』といったドラマ作品など、さまざまな作品で存在感を発揮する彼が、型破りな方法で2人の娘を最強テニスプレイヤーへ導くリチャード・ウィリアムズを演じる。

ウィル・スミスは、過去に『ALI アリ』『幸せのちから』で2度アカデミー賞にノミネートされているが、3度目のアカデミー主演男優賞ノミネートも期待されている注目作だ。

ビーナス&セリーナ・ウィリアムズ姉妹は、サナイヤ・シドニー、デミ・シングルトンが担当。その他、アーンジャニュー・エリス、トニー・ゴールドウィン、ジョン・バーンサル、アンディ・ビーン、ケヴィン・ダン、クレイグ・テイトらが脇を固める。

なお、監督はレイナルド・マーカス・グリーン、脚本はザック・ベイリンが務めた。

【詳細】
映画『ドリームプラン』
公開日:2022年2月23日(祝・水)
製作:ウィル・スミス、ティモシー・ホワイト、トレバー・ホワイト、セリーナ・ウィリアムズ、ビーナス・ウィリアムズ
監督:レイナルド・マーカス・グリーン
脚本:ザック・ベイリン
撮影:ロバート・エルスウィット
出演:ウィル・スミス、アーンジャニュー・エリス、サナイヤ・シドニー、デミ・シングルトン、トニー・ゴールドウィン、ジョン・バーンサル
配給:ワーナー・ブラザース映画

元記事で読む