1. トップ
  2. 恋愛
  3. 『ザ・スーサイド・スクワッド』、ウィル・スミスがデッドショット役に戻る可能性はまだある

『ザ・スーサイド・スクワッド』、ウィル・スミスがデッドショット役に戻る可能性はまだある

  • 2021.8.13
  • 1240 views

DC映画『ザ・スーサイド・スクワッド“極”悪党、集結』にブラッドスポート役で出演している「イドリス・エルバが、自分の役に関して巻き起こったあるウワサについてコメント。(フロントロウ編集部)

『ザ・スーサイド・スクワッド“極”悪党、集結』のイドリス・エルバ

8月13日より日本公開が始まったDC映画『ザ・スーサイド・スクワッド“極”悪党、集結』は、マーベル映画『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』のジェームズ・ガン監督の最新作。

終身刑のヴィランたちが、減刑と引き換えに政府から極秘指令を受け、成功率0%のデス・ミッションに挑み、全世界の脅威となる「カイジュウ」計画を阻止するため、縦横無尽に暴れまくる。

2016年に公開されたデヴィッド・エアー監督の映画『スーサイド・スクワッド』とはまた違った角度からDCヴィランたちが描かれる本作には、同作から数名のキャストが続投しているが、残念ながらデッドショットを演じたウィル・スミスは、スケジュールの都合で出演していない

そんなウィルの欠番を埋めるべくキャスティングされたのが、今回ブラッドスポート役を務めたイドリス・エルバ。当初彼のキャラクター名は明かされていなかったため、ウィルの代わりにデッドショット役を演じるのではとウワサされていた。

イドリス・エルバ、「デッドショットは素晴らしいキャラクター」

そんなウワサに対しイドリスは米ETのインタビューで反応し、「ウィルが2作目には参加しないと言ったから、観客やファンが、僕がデッドショットのキャラクターを引き継ぐのではないかとウワサしたのは、当然のことだ」とコメント。

画像: イドリス・エルバ、「デッドショットは素晴らしいキャラクター」

彼は続けて、「でも、ジェームズ(・ガン監督)がそれを望まなかったことに僕はすごく満足しているよ。デッドショットは素晴らしいキャラクターだし、ウィルは見事に演じきっている」とも語り、あくまでもウィルが演じるデッドショットを尊重している姿勢を示した。

今後本作の続編が制作され、もしウィルがシリーズに復帰した場合、再び彼がデッドショットを演じ、ブラッドスポートとともに活躍する姿が見られるかもしれない。(フロントロウ編集部)

元記事で読む