1. トップ
  2. ダイエット
  3. 「セックスが痛い」「気持ちよくない」原因は腟の乾燥?セックスの痛みや不快を解消する方法

「セックスが痛い」「気持ちよくない」原因は腟の乾燥?セックスの痛みや不快を解消する方法

  • 2021.8.12
  • 16602 views

潤いのある腟

健康な腟は潤いがあり、柔らかく弾力があります。しかし潤いは顔と同じで、年齢を重ねることで徐々に減っていきます。

膣の潤いには、女性ホルモンであるエストロゲンが深く関係しています。特にエストロゲンの分泌は加齢とともに低下していくため更年期を迎えると必然と膣の潤いも低下していくのです。

また、膣は性的興奮な興奮によって腟壁前方にあるスキーン腺という器官から分泌液が分泌され、男性器の挿入をスムーズにするために腟が潤います。スキーン腺からの分泌液も、年齢とともに減少するとされています。

また加齢だけでなく出産妊娠などのホルモンバランスが大きく変動するときや、抗アレルギー薬、抗うつ剤などの服用が乾燥の原因になり得ることもあります。

他には腟の血流の悪さも関係しています。腟の血流は、骨盤や下半身の血流とも関係しているので冷えやすい体質の方も乾燥しやすいです。

膣が乾燥するとセックスの時の分泌液の量は少なくなり、乾燥したまま無理やりセックスをすると、気持ちがいいどころか痛みが生じ、自分もパートナーもセックスをすることが嫌になり、セックスレスにつながることも考えられます。

乾燥を放置しないで

腟が乾燥していることに気づかず、乾燥状態を放置すると腟の粘膜が硬くなり、縮こまってしまいます。

すると性交痛だけでなく、おりものや経血なども排出しにくくなるため炎症やかゆみ、臭いなどのトラブルに悩まされることもあります。

そうならないためにはホルモンバランスを整える生活、そして普段から腟ケアをすることが重要です。

sex
photo by unsplush

また、性交痛は我慢せずにパートナーに伝えましょう。

性交痛を我慢してパートナーのためにとセックスを続けていれば、出血や炎症を起こしてしまう可能性もありますし、性交痛のことを伝えずにセックスを断り続けてしまうことで、相手の気持ちを傷つけてしまうことも。関係性の変化も起こりやすなってしまいます。

自分で腟を整えていく

セックスのためだけでなく、腟を健康な状態に保つため、パートナーがいる人もいない人も、自分で整えていくことが大切です。

女性は性的な興奮が高まると、下半身に血液が流れ込み、毛細血管が拡張して潤滑液がしたたり落ちてきます。これが「濡れる」仕組みです。これは「腟が汗をかく」イメージで、体が冷えていたり巡りが悪いと汗がかきにくいように、濡れにくくもなります。改善するためには体を冷やさないこと、腟の血液の巡りを良くするストレッチをすると良いです。

ヨガポーズ

・橋のポーズ

橋のポーズ
橋のポーズ /Adobe Stock

骨盤底筋を引き上げるこのポーズは、膣の筋力をつけ、冷えにくくしてくれます。

・花輪のポーズ

花輪のポーズ
花輪のポーズ /Adobe Stock

股関節、骨盤にアプローチするポーズは巡りを良くしてくれます。

ヨガポーズ以外にも保湿やマッサージといった普段のケアはなるべくしましょう。

デリケートゾーン専用の保湿ローションをつけて保湿をしたり、セルフマッサージをして血行を良くしましょう。

もし今セックスが痛い、気持ちよくない、そう感じるのであれば、腟の潤いケアを始めてみると良いかもしれません。そしてパートナーに正直に伝えることがより良好な関係を築けると思います。

医師監修/山下真理子先生
岡山県出身。京都府立医大を卒業後、医師に。美容医療ではリフトアップ、美肌治療を得意としている。医療教育にも関わっており、医療専門学校にて客員講師も務めている。現在は京都在住で、ダイエットコーチング、医師による恋愛コーチング、保護犬保護猫活動等の幅広い活動を行う。著書に「あなたの魅力が10倍増すセックス」「夜のお悩み相談クリニック」の他、写真集「診て感じるクリニック」がある。

yurina

美容専門学校を卒業後、更にカナダの美容専門学校へ留学。カナダ滞在中にメイクアップアーティストとしても活動。もともと自身の肌が弱いことと世界旅行が趣味ということもあり、オーガニックコスメに魅了され、帰国後オーガニックコスメのセレクトショップで働きながら化粧品成分、オーガニックコスメについて学ぶ。オーガニックライフを送る中で、自分の生き方とヨガが通ずるものがあると感じ、ヨガインストラクターの資格を取得しにハワイへ。フリーのヨガインストラクターとして現在名古屋・岐阜を中心に活動中。

元記事で読む
の記事をもっとみる