1. トップ
  2. 2021年8月【新月の願い事・満月の振り返り】で叶えるあなたの夢と願望

2021年8月【新月の願い事・満月の振り返り】で叶えるあなたの夢と願望

  • 2021.8.8
  • 10273 views

願い事の叶え方にはさまざまな方法がありますが、「新月」と「満月」の力を借りる効果的な方法があることをご存じでしょうか。

これから8月8日に獅子座で新月に入ります。

新月の夜に願い事を書くと、新月の再出発の強い力に後押しされ、目標に向けて飛躍的に前進するパワーを得られます。

そして8月22日には水瓶座で満月となります。

満月には収穫した結果を受け取り、願いを実らせる力があります。

新月の時に書いた願い事を振り返ることで願い事を成就へと導きます。

あなたに今、叶えたい願いがあるのなら、これから訪れる新月と満月のパワーを借りましょう。

それでは8月の新月と満月について詳しく解説していきますね。

8月の新月は【8月8日 22:45】獅子座

新月の力を借りて行う、願い事の叶え方は簡単!

新月の夜になったら紙とペンを用意して、そこにあなたの願い事を書くだけです。

その紙を飾ってもいいですし静かな場所に保管しておいても大丈夫。

新月が持つ特別なパワーがあなたを望む方向へ導いてくれるしょう。

しかしそのパワーを正しく受け取るために必ず守らないといけないのは、”願い事を書くタイミング”です。

暦で新月の日の0時になってもまだ厳密には新月タイムには入っていません。

必ず新月になる時間を調べ、そこから48時間以内に願い事を書くと新月のパワーを得ることができます。

2021年8月の新月は【8月8日の22:45】ですので、間違えないように気をつけましょう。

また、どの星座で新月を迎えるかによって、授かるパワーのテーマが変わってきます。

今回は恋愛が得意な獅子座で新月を迎えます。

異性との良い出会いを探していたり、恋の悩みを解決したかったりする人には心強いタイミングとなります。

獅子座は“ドラマティック”、そして“決断”のテーマも含んでいます。

理想の相手との出会いの縁を引き寄せたり、好きな人に告白する勇気を与えてくれたり…大成功へと導いてくれるはずです。

また願い事は、具体的に「~になる、~をする」と強い意志と共に書くと効果的です。

【具体例】獅子座の新月…どんな願い事が叶いやすい?

獅子座は人生にドラマを求める星座です。

この新月のお願い事は何事も前向きに立ち向かうようなことを考えてみてくださいね。

また、自分のアピール力を発揮するようなものもいいでしょう。

●どんな状況も笑いとばせるぐらい大らかになりたい!

●内面も外見もステキになるよう頑張る!

●表現力豊かな自分になる!

●思ったことがきちんと言えるようになりたい!

●あなたでないとダメと言われる自分になる!

●いざという時、相手を引っ張っていける強さを身につけたい!

●自分のことを愛せる自分になる!

●自分だけの魅力を見つけたい!

●周囲に尊敬してもらえるところを探したい!

●いつまでもフレッシュで若々しく、子供の頃のような純粋さを持ち続けたい!

新月の願い事は避けたほうがいい? ボイドタイムとは

【ボイドタイム】という言葉をご存じでしょうか?

実はこの言葉は新月の願い事を行う時に必ずチェックしておきたい言葉です。

「Void=からっぽ、無効」という意味で、その名の通り「新月の力が発揮されない期間」のことを指します。

月と星の位置関係によってはパワーが遮断されてしまうタイミングが生まれます。

この期間は“判断力が鈍る”、“物事がうまく進まない”などの影響があるとされており、この期間は重要な決断を避けるべきと言われています。

こう聞くと大変なことのように聞こえますが、実はこのボイドタイムは2日に1度くらいの頻度で発生しています。

ですので、気にしすぎは禁物ですが、せっかくなら新月のパワーが満点な状態で願い事をしたいですよね。

8月の新月に発生するボイドタイムは【8月9日21:18~23:50】です。

気になる方は新月の時間に重なるボイドタイムをチェックし、避けて行うようにしましょう。

7月の満月は【7月24日】水瓶座

満月にも願い事を叶えるパワーが備わっていると古来より言われています。

2021年の8月の満月は22日となり、7月と同じく水瓶座の位置で迎えます。

水瓶座が持つキーワードは「自分らしさ」「新たなチャレンジ」「個と個の深い仲間意識」などがあります。

星座のキーワードに即した願いはより成就する力が高まりますので、今年の8月の満月には「進学・就職・転職」「人間関係」「学業や仕事、趣味の成功」などの方面で満たされていないものを目標にしてみると良いでしょう。

また満月は「完了・浄化」の意味があり、新月からスタートしたものの結果を振り返ることで、より願いへ近づける日でもあります。

新月の願い事が現在どのような状態なのかを見つめ直し、その願いが叶うために必要なものは何か、今一度考えてみましょう。

もし結果が芳しくなかったら、水瓶座の「新たなチャレンジ」の力を借りて、さらに行動の幅を広げてみると良いかもしれません。

満月の力を借りることで、よりスムーズに物事が運び、望む未来へと近づいていけるでしょう。

最後に

【新月】は「誕生」を表し、【満月】は「ピークと解放」を表します。

新月で自分の目標を定め、紙に書き出すことで進む道を整理し、そして満月で成就の進捗具合を振り返るという流れを繰り返すことで、あなたの夢と目標に一歩一歩着実に近づいていくことができます。

また新月と満月は“どの星座の位置で迎えるか”を把握することも大切です。

その星座のテーマに沿った願い事をすることで、より早く願いが実現します。

もし今あなたに願い事があるのなら、昔より伝えられている「新月と満月の不思議な力」を借りてみましょう。

今日願って明日叶う…という魔法ではありませんが、今よりもっと夢に近づくための効果的な方法といえます。

元記事で読む