1. トップ
  2. 元はボクシング選手だったアン・ボヒョン!!スポーツ選手から俳優へ

元はボクシング選手だったアン・ボヒョン!!スポーツ選手から俳優へ

  • 2021.8.2
  • 1468 views

2016年に放送された『太陽の末裔』や2020年放送の『梨泰院クラス』に出演している俳優アン・ボヒョン。

俳優になる前にボクシングをしていた彼は、アマチュアボクシング大会に出場するほどのスポーツマンだった。しかし、怪我が原因で断念することになり、その後モデルの道に進み、2014年から俳優として活動を始める。

そんなアン・ボヒョンの俳優としての知名度を高めたのが、ソン・ジュンギ主演の『太陽の末裔』だった。

2016年の放送と同時に大反響を巻き起こしたこのドラマで、主演のソン・ジュンギはユ・シジンに扮し、アン・ボヒョンはアルファチームの部隊員のイム・グァンナムを演じた。

彼の出演作の多くは現代劇だが、時代劇にまったく出ていないわけではない。2017年に放送された『逆賊-民の英雄 ホン・ギルドン-』に出演している。

アン・ボヒョン
ハツラツとして演技

この時代劇は、朝鮮王朝10代王・燕山君(ヨンサングン))の時代を背景に描かれており、主人公のホン・ギルドンを俳優のユン・ギュンサンが演じた。

その中で、アン・ボヒョンは燕山君付きの内官役で登場していた。

その後も数々のドラマに出演した彼が2020年に出演した話題作が、パク・ソジュン主演の『梨泰院クラス』である。

このドラマは、梨泰院を舞台にパク・ソジュン扮する外食業界のトップを目指す青年パク・セロイと仲間たちの友情、愛、奮闘を描いた作品だ。

アン・ボヒョンが演じたのは、ユ・ジェミョン扮する長家の会長チャン・デヒの息子で常務を務めるチャン・グンウォンだった。

以上のように、多くの作品で自身の存在感をしっかりと示してきたアン・ボヒョン。彼は、これまでに出演したドラマで最後までハツラツとして演技を見せていた。

文=大地 康

♢アン・ボヒョン プロフィール
生年月日:1988年5月16日生まれ
身長:187cm
星座:おうし座
学歴:大慶大学モデル学科
デビュー:2007年ソウルコレクション

☆主な出演作
『カッコウの巣』(ドラマ、2014年)
『ゴールデンクロス 愛と欲望の帝国』(ドラマ、2014年)
『最高の恋人』(ドラマ、2015年~2016年)
『太陽の末裔 Love Under The Sun』(ドラマ、2016年)
『アイアン・レディ』(ドラマ、2016年)
『逆賊-民の英雄 ホン・ギルドン-』(ドラマ、2017年)
『マイ・オンリー・ラブソング』(ドラマ、2017年)
『私がヒロイン!~宿敵のビョル姉妹~』(ドラマ、2017年)
『水曜日午後3時30分~輝く恋の時間~』(ドラマ、2017年)
『かくれんぼ』(ドラマ、2018年)
『彼女の私生活』(ドラマ、2019年)
『梨泰院クラス』(ドラマ、2020年)
『カイロス』(ドラマ、2020年)

元記事で読む