1. トップ
  2. ファッション
  3. ドラックス役、MCU共演者として初めてスカヨハがディズニーを訴えたことにリアクション

ドラックス役、MCU共演者として初めてスカヨハがディズニーを訴えたことにリアクション

  • 2021.8.2
  • 2071 views

『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』シリーズなどのMCUでドラックスを演じてきたデイヴ・バウティスタが、ブラック・ウィドウ役のスカーレット・ヨハンソンがディズニーを訴えたことにMCU共演者として初めてリアクションした。(フロントロウ編集部)

ディズニーを契約違反で訴えたスカーレット・ヨハンソン

7月8日(木)より映画館にて公開、7月9日(金)よりディズニープラス プレミア アクセスにて配信がスタートしたMCUの最新作『ブラック・ウィドウ』をめぐり、主演を務めるスカーレット・ヨハンソンが契約違反を理由にウォルト・ディズニー・カンパニーを訴えた一件で、他のMCU共演者たちからは声があがっていなかったなか、『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』シリーズなどでドラックスを演じてきたデイヴ・バウティスタがMCU共演者としては初めてこの件にリアクションした。

画像: ディズニーを契約違反で訴えたスカーレット・ヨハンソン

スカーレットは先日、自身の『ブラック・ウィドウ』への出演報酬はおもに劇場公開の成績に基づいて決まるという契約だったにもかかわらず、劇場公開とほぼ同時にストリーミング配信が開始されたことにより興行収入に大きく影響が出たと主張。ディズニーおよびマーベル・エンターテイメントとの当初の契約では、劇場公開のみという話になっていたため、これは契約違反だとしてウォルト・ディズニー・カンパニーを訴えた。ちなみに、ディズニープラスでの同時配信によりスカーレットが被った損失は5000万ドル(約54億円)にのぼるという。

一方で、ディズニーはスカーレット側の主張を受けて、「この訴訟は、新型コロナウイルスによるパンデミックの世界的な影響の恐ろしさと長期化を無視したもので、非常に悲しくて苦しいものです。ディズニーはヨハンソン氏の契約を完全に遵守しています。『ブラック・ウィドウ』がディズニープラスのプレミアアクセスでリリースされたことで、彼女がこれまでに受け取った2,000万ドル(約22億円)に加えて、追加報酬を得る能力が大幅に向上しました」と批判。

これに対し、スカーレットが所属する業界最大手のタレント・エージェンシーであるクリエイティヴ・アーツ・エージェンシー(CAA)の共同取締役ブライアン・ロード氏が「彼らは、ヨハンソン氏が新型コロナウイルスという世界的パンデミックに対してあたかも無神経であるかのように、臆面もなく不当に非難しました。これは、彼女のイメージを彼らも私自身も知らない別の誰かかのように操作するためのものです」とコメントを発表し、ディズニー側がスカーレットの印象を操作しようとしていると批判するなど、両者の主張は平行線を辿っている。

デイヴ・バウティスタがリアクション

今回、スカーレットがディズニーを訴えた件にドラックス役のデイヴ・バウティスタがリアクションを示しており、スカーレットのニュースを伝える投稿を引用する形で、次のようにツイートした。

「「彼らにはドラックスの(単独)映画を作るべきだって伝えたのに、ダメーーー!」

デイヴのツイートの真意は定かではないものの、MCU映画の共演者がスカーレットの今回の一件に反応を示したのは、彼が初めてとなっている。記事執筆時点で他の共演者たちはこの一件について声を上げておらず、裁判の行方とともに、共演者たちの見解も注目されている。

一方、マーベル・スタジオで代表を務めるケヴィン・ファイギ社長は、ディズニー側の反応に「憤りと恥ずかしさを感じている」と米Hollywood Reporterが伝えている。(フロントロウ編集部)

元記事で読む