1. トップ
  2. 恋愛
  3. 「これぞ自慢の彼女!」男性がそう感じたエピソード3選

「これぞ自慢の彼女!」男性がそう感じたエピソード3選

  • 2021.8.1
  • 9313 views

友達に「お前の彼女って、すごく気配りができるイイ彼女だな!」と褒められること。

それは、男性にとって、とてもうれしいことのようです。

そこで今回は、男性に、「彼女がしてくれてうれしかった、自分の友達への気遣いエピソード」を3つ、ご紹介します。

「自慢の彼女」にもっと近づけば、彼との愛ももっと深まっていくかも!

友達の趣味まで勉強してきてくれた

「彼女を僕の友人に初めて紹介する前日、『お友達の好きなことって何?』って聞かれました。
『サッカーがすごく好きだよ』と、彼のお気に入りのクラブチームを教えてあげたんですよね。
そしたら当日、『〇〇が好きなんですよね?今年はすごい選手が加入したみたいですね』と、彼の好きなチームのことを予習してきてくれてたんです。
友達が喜ぶ話題を考えてきてくれた彼女の心配りに感動しました。
友達も感動していて、本当に自慢の彼女だなって思いましたね」(31歳男性/薬剤師)

彼の友達と初めて会うとき、会話に困らないようにいくつか共通の話題を見つけておくことが大切でしょう。

友達に「話しやすい子だな」と思ってもらえて、あなたと彼の株がグンとアップするするかも!

彼氏側の集まりには参加しない

「うちの彼女、僕の友人の集まりには絶対に顔を出さないんです。
デートしてるときに友人からお誘いの電話がかかってきても、『じゃ、私は帰るね』って。
『一緒に行こうよ』と言っても、『私がいると、周りのお友達が気を遣うでしょ?気兼ねなく楽しんでほしいから』って言ってくれて……。
気遣い上手で自慢の彼女です」(32歳男性/教育関係)

彼の友達がどんな人か知りたいからって、無理やり集まりに参加する姿勢は懸念される可能性もあるでしょう。

彼の友達が誘ってきたときに初めて、参加を考えてみてもいいかもしれませんね。

友達の恋のキューピッドになってくれた

「大学時代からの友人グループで、彼女がいるのは俺だけなんですよね。
いつも『お前の彼女の友達紹介してよ』って言われてて、正直なところちょっとめんどくさくて……。
そのことを彼女に何気なく話したら、『じゃあ、あなたの友人たちと私の友人たちでオンライン飲み会しようよ』と計画してくれたんです。
この時期なことも考えてくれたし、当日は企画まで考えてくれてて……。
自慢の彼女だなって心の底から思いました」(28歳男性/公務員)

彼の友人のことまで気遣える彼女に対して、「自慢の彼女だ」と感じたのでしょう。

さらには、時期的なところへの気遣い。

まさに「自慢の彼女」と言えるでしょう。

干渉しすぎないのに的確な気遣い

彼氏のことがいくら好きでも、彼氏のプライベートに干渉しすぎるのは避けた方がいいでしょう。

また、彼氏の友達と仲良くなりたいからと、不自然なくらいに力を入れすぎるのも引かれる原因になてしまうかも。

彼の友達にさりげない気配りができれば、きっと彼に長く愛される彼女になれることでしょう。

(愛カツ編集部)

元記事で読む